Warning: sprintf(): Too few arguments in /home/tk7invest/tk7investment.com/public_html/wp-content/plugins/wp-user-avatar/includes/class-wp-user-avatar-functions.php on line 668

Warning: sprintf(): Too few arguments in /home/tk7invest/tk7investment.com/public_html/wp-content/plugins/wp-user-avatar/includes/class-wp-user-avatar-functions.php on line 668
仮想通貨

VISAとMasterCard、仮想通貨決済に向けて動き始める

みなさんこんにちは、そしてこんばんは。

TK7です。

クレジットカード大手のVISAとMasterCardが仮想通貨決済へ動き始めているとの報道がありましたので記録していこうと思います。

クレジットカードで仮想通貨決済ができる様になると、普及への大きな一歩となるの思っているので個人的にはとても注目しています。

是非最後までお付き合いください。

ビットコインの積立投資ならCoincheck

コインチェック

GMOインターネットグループ(東証一部上場)の【GMOコイン】

国内No. 1と認められた鉄壁セキュリティ bitbank

bitbank

秘密キーを完全にオフラインで保管することが可能なLedger NanoS

BitcoinEthereumRipple仮想通貨について、今後上昇する事が期待されています。仮想通貨に興味があったらご覧下さい。

仮想通貨取引口座が1つだけでは勿体ない!用途によって口座を使い分けよう! みなさんこんにちは、そしてこんばんは。 TK7です。 本記事は僕が使用している又はオススメの仮想通貨取引口座になります。 ...

Twitterでブログ更新やその時の感情や思ったことをtweetしていますのでフォローしてみてください→→→TK7Twitter

そしてTK7ブログの最新記事を見逃さない為にも是非ブックマークの登録よろしくお願いします。

ランキングしてます、良かったらクリックしてねにほんブログ村 株ブログ 株式投資情報へ

投資は自己責任でお願いします。

VISA

Visa、仮想通貨決済や法定通貨オンランプへの取り組みを再確認



出典cointelegraph

このほど開かれたVisaの第一四半期決算で、アル・ケリー会長兼CEOは、同社の仮想通貨に対する姿勢について説明し、仮想通貨決済と法定通貨オンランプ(法定通貨と仮想通貨を交換するサービス)への取り組みについて再確認するコメントを明らかにした。

これまで、仮想通貨デビットカードに関するパートナーシップや、仮想通貨決済のスタートアップであるZapへの投資を積極的に行っている一方で、1月はじめには独占禁止法上の理由で決済プラットフォームであるプレイド(Plaid)の買収を断念している。

しかし、ケリー会長のコメントから、仮想通貨決済での長期的な計画の最中であることが明示された。ケリー氏は、Visaの規模、統合、ブランド認知度によって「私たち仮想通貨をより安全で、便利で、支払いに適用可能なものにするために、独自の立場にある」と述べている。

一方で、イーサリアムや分散型金融(DeFi)に対しては、ほとんど言及されなかった。

ケリー氏によると、同社はブロックチェーン資産を二つのカテゴリーに分類しているという。「ビットコインのような新しい資産を代表する仮想通貨」かつ、価値の保存場所としての役割を果たすものと、より日常的な支払いに使われる「法定通貨に直接裏付けされたステーブルコイン」だ。

「私たちの戦略は、ウォレットや取引所と協力して、ユーザーがVisaの信用を使ってこれらの通貨を購入したり、キャッシュアウトして、Visaが世界中で受け入れられている7000万の加盟店で法定通貨を購入できるようにすることだ」

ステーブルコインについて強気の姿勢をとっており、これらを「法定通貨と同様にグローバルな商取引に使用される可能性がある新しい決済イノベーション」としている。

さらにクリプトコムやブロックファイ、フォールド、ビットパンダといったウォレット業者との提携により、Visaが仮想通貨を活用する体制が整い、同社の160の法定通貨決済ネットワークと統合される可能性があるとしている。

また、VISAは仮想通貨取引所についても動きがあります。



VISA、銀行用ビットコインAPIの試験運用を開始──黒人コミュニティ向けデジタル銀行を支援

出典coindesk

ビザが取り組んでいくのは「ビザ・クリプトAPI(VISA Crypto API)」。ビザのクライアント企業は、連邦政府から認可を得たデジタル資産銀行のアンカレッジ(Anchorage)が提供するインフラに接続できる。企業は顧客に既存のユーザーエクスペリエンス(UX)で、ビットコインなどのデジタル資産を売買できるという。

ビザは、ビットコインだけでなく他の暗号資産(仮想通貨)や、米ドルに連動するステーブルコインに対応しながら、暗号資産に関連する他のサービスにまで広げたプロダクトを構想していると、ビザの暗号資産責任者を務めるカイ・シェフィールド(Cuy Sheffield)氏はCoinDeskの取材で述べた。

デジタル銀行のファースト・ブルバード(First Boulevard)が、今回の試験運用に参加する。

ビザはこれまで、暗号資産企業が銀行カードを発行するためのサポートをしてきた。すでに35の暗号資産企業と提携している。同社が銀行に暗号資産サービスを提供するのは今回が初となる。

ビザが1月に行った決算説明会で、アル・ケリー(Al Kelly)CEOは、ステーブルコインは「グローバルコマース」に利用できる可能性があり、「特定のデジタル通貨が価値交換の手段として認められたなら、ビザがその通貨を自社ネットワークに追加できない理由はない」と述べた。

しかしこの報道について疑問を投げかけるニュースがありました。



「本来の革新性が薄れかねない」リサーチ企業Gartner、VISAの仮想通貨サービスに物申す

出典coinpost

リサーチ・アドバイザリー企業Gartnerが、VISAの新たな暗号資産(仮想通貨)関連サービスについて疑問を投げかけた。従来型の金融会社がステーブルコインを取引に利用することこそ、革新的だと主張している。

クレカ大手VISAは2月3日、銀行がビットコイン(BTC)などのデジタル資産の売買サービスを提供できる仕組みを整える新事業を発表した。

こうした方向性について、GartnerのアナリストAvivah Litan氏は「消費者、企業、ブロックチェーン間を技術的につなぎ、将来の決済インフラストラクチャへの移行の準備を助ける」ものだと評価。

しかし一方で、こうしたサービスはブロックチェーンの革新的な性質にはそぐわないものではないかとして、次のように指摘した。

ブロックチェーン決済の革新性は、ピアツーピアで取引を実行し、中央の仲介者や関連する銀行手数料を排除することにあるはずだ。中央集権型サービスの台頭により、仮想通貨を移動するため追加の取引手数料を支払わなければならないとすれば、疑問が生じる。

ピアツーピアで取引を行うことにより、中間手数料を排除することがブロックチェーンにおいて革新的であったが、VISAや銀行などの仲介機関が仮想通貨を扱って手数料を取ることで、そうした革新性は薄れてしまうという意見だ。

たしかに低コストの優位性は薄れてくるでしょう。

しかし、普及する為には大手企業が関わってこない事には始まらないと思うのです。

皆さんはどう思われますか?

金融商品だけのコインとしてなら、手数料をとる様なことはネガティヴになります。

Bitcoinを通貨として普及させるならしょうがない事なのかなと考えています。

まあ現在のBitcoinはゴールドと同じコモディティのインフレヘッジとしての役割がある感じするので、みんなが決済で使う形での普及が期待されているのかはわかりませんが。

MasterCard

マスターカード、2021年に仮想通貨決済に対応へ ステーブルコインをサポート

出典cointelegraph

決済大手のマスターカードは2021年中に仮想通貨をサポートする計画を発表した。同社の10億に上るユーザーと3000万の加盟店で仮想通貨が使えるようになる。

マスターカードはこれまでにWirexやBitPayなどと提携して仮想通貨デビットカードを発行してきたが、マスターカード独自のネットワークを使って仮想通貨取引を行ってきてはいない。店舗などでも仮想通貨を現金に変えて決済を行ってきたが、今回の発表では仮想通貨の受け取りが可能になる。

「信頼性と安全性」を理由にステーブルコインのサポートを計画しているとしたものの、具体的な取り扱い銘柄は明らかにされていない。同社は仮想通貨対応により新規顧客を開拓し、既存顧客に対しても従来の法定通貨だけでなく仮想通貨へ対応することでロイヤルティを高めることができると判断した。

「これは選択肢を広げるという対応だ、マスターカードは仮想通貨の利用を推奨しているわけではない。顧客や加盟店そして我々のビジネスがデジタルに移行するためだ」

マスターカードは取り扱い銘柄の基準として消費者保護やKYCの遵守、現地の法律や規制、支払い手段の安定性という4点を挙げた。また発表の中で中央銀行デジタル通貨(CBDC)を支援するために世界各国の中央銀行と連携していると述べている。マスターカードは2020年に「仮想サンドボックス」を公開し、中央銀行向けにCBDCのテストツールを公開した。

発表の中では同社の顧客の間でデジタル資産への需要が高まっていることが、背景にあることも言及された。現在の強気市場の中で多くのユーザーがマスターカード経由で仮想通貨を購入しているという。「デジタル資産は決済の世界で重要になりつつある」と述べている。

マスターカードはすでに分散型台帳技術の研究に大きなリソースを投入している。現在まで89件の特許を保有しており、285件を申請中だ。



マスターカードも仮想通貨決済へ本格参入 年内にも対応開始へ

出典coinpost

米国時間10日に公開した公式ブログでマスターカードは、「仮想通貨の支持派でも、懐疑派でも、デジタル資産が決済領域の重要なパーツになりつつあることは否定できない」とデジタル通貨決済に対応する判断についてコメント。「我々は仮想通貨と決済の将来に向けて準備を整えており、今年中にマスターカードのネットワークで仮想通貨に直接対応する」と発表した。

なお、今回マスターカードの発表で注目すべき点は、「直接対応する」という点だ。これまで、マスターカードやVISAといった大手決済会社は、さまざまな仮想通貨関連企業と提携し、仮想通貨デビットカードを発行してきたが、あくまでもカード会社の決済インフラの提供に留まっていた。

仮想通貨を現金に変える形で、店舗は最終的に現金を受け取る仕組みを整えてきたが、今回は仮想通貨の決済を直に対応する。店舗は、仮想通貨でも受け取りが可能になる。

マスターカードは、「仮想通貨の利用を推薦するわけではないが、消費者や店舗、ビジネスがデジタル価値を転送できる選択肢を可能にしたい」と説明している。

マスターカードの他、同じ大手のVISAは先日、従来の銀行がビットコインなどのデジタル資産の売買サービスを提供できる仕組みを用意していることを発表した。VISAやマスターカードのようなグローバル大手が仮想通貨関連サービスを展開していけば、その認知度や普及率は大幅に改善されることが可能になるとみられる。

少し差別化を図っているのでしょうか。

VISAもそのうち同じことをやってきそうな感じもありますが、MasterCardの方が実社会での活用に力を入れてる様です。

金融資産ですが、支払い手段として仮想通貨を捉えてる感じがVISAよりMasterCardの方が感じます。

どっちの方がいいとかはわかりませんが、MasterCardが仮想通貨決済を可能にした場合の仮想通貨への影響はとても気になります。

そしてMasterCardの報道によってBitcoinが上昇しました。

Bitcoin

Bloombergによると、仮想通貨ビットコインがニューヨーク時間11日午前の取引で過去最高値を更新した。マスターカードとバンク・オブ・ニューヨーク・メロン(BNYメロン)がそれぞれ、顧客の仮想通貨利用を後押しする措置を明らかにした。

ビットコインは一時7.4%高の4万8364ドルを付け、今週初めに記録した過去最高値を上回った。8日にはテスラが総額15億ドル(約1570億円)のビットコインへの投資を公表したことが買いを誘っていた。

MasterCardのファンダメンタルズが影響して上がったと言うよりは、それもあるかもしれませんがテクニカル的に上がっただけな様に見えます。

44000ドルは上ヒゲにより意識されていた価格帯で、移動平均線も近いことからサポート意識がありました。

サポートの確認と45000ドルのレジスタンス・移動平均線を超えた事により上がりやすくなって買われた展開です。

理由はどうであれ、上昇が続いているので強気相場である事に変わりはなさそうです。

投資は自己責任でお願いします。

BitcoinEthereumRipple仮想通貨について、今後更なる上昇する事が期待されています。仮想通貨に興味があったらご覧下さい。

仮想通貨取引口座が1つだけでは勿体ない!用途によって口座を使い分けよう! みなさんこんにちは、そしてこんばんは。 TK7です。 本記事は僕が使用している又はオススメの仮想通貨取引口座になります。 ...

この記事が参考になったり面白いと思って頂けましたらランキングへのクリックお願いします。 にほんブログ村 株ブログ 株式投資情報へ

本記事はここまでになります、ご覧頂きありがとうございました。

ABOUT ME

Warning: sprintf(): Too few arguments in /home/tk7invest/tk7investment.com/public_html/wp-content/plugins/wp-user-avatar/includes/class-wp-user-avatar-functions.php on line 668

Warning: sprintf(): Too few arguments in /home/tk7invest/tk7investment.com/public_html/wp-content/plugins/wp-user-avatar/includes/class-wp-user-avatar-functions.php on line 668
TK7
投資歴5年以上。 投資本を100冊以上読んでマーカーを引き同じ本を2回以上読み込むが、5回口座溶かす。 そんな僕が最近少しずつ勝てる様になったので、何故勝てる様になったのか自己分析して共有していきます。 Money is Power