Opportunity for investment
投資でお金を作る
米国株

SP500CFDを空売りして喧嘩ぶっかけるもボコボコに(T_T)

【DMM 株】口座開設

米国株投資するなら、米国株式の取引手数料は0DMM 株が圧倒的にオススメです

米国市場は高配当銘柄や30年以上増配当銘柄が数多くあるので、早期リタイアを実現してる人はほぼ必ず米国株に投資しています

米国株価指数のS&P500は長年上昇しており、世界の株式市場をリードしています

そんな米国株ですが、実は日本株と違い1株から購入出来きるので、少額資金で米国企業の株主になれます

DMMでは保有する米国株を信用取引の担保にできるので、長期保有株をデイトレやスイングなどの短期投資に活かすことができるので資金効率が上がります

インストール型の取引ツールとしては珍しくMacに対応

Apple ユーザーでも高度な株取引が可能です

取引手数料0円で米国株投資するならDMM一択!

みなさんこんにちは、そしてこんばんは。

TK7です。

本日はSP500空売りしましたのでなんで空売りしたのか、そしてどうなったのかを記事にしますのでぜひご覧ください。

Twitterでブログ更新やその時の感情や思ったことをtweetしていますので是非フォローしてみてください→→→TK7Twitter

そしてこのブログ最新記事を見逃さない為にもブックマークの登録よろしくお願いします。

SP500空売り‼︎

アメリカ株価指数SP500の日足チャートです。

結構SNSなどでアメリカ株落ちるぞーShortしましたーって投稿をよく見かけたのですが、今含み損なのではないでしょうか。

5日移動平均線にサポートされる形で上昇しているのでかなり強い上昇トレンドと言えます。

そんな中で今回Shortを狙って行ったわけです!

その結果!!!

負けましたーーー(T_T)結構下を試す動きでここはShortの攻め時だと感じていていました。

高値での持ち合い、そしてVIXの上昇!

ぼくは赤丸ら辺でSP500Shortポジ持っていたのでこれはきたと思いましたが…裏切られました。

SP500が下がるにはVIX指数が上昇する必要がある

VIXは恐怖指数と呼ばれ、上昇している時はボラが高くなり株価指数は下落するのが今までの相場です。

なので今回株価指数は爆上げ中でしたが以上のようなセオリーがあるならば1つの指標としてエントリーしたらハマるのではないかと考えました。

そしてSP500がぼくのルールに当てはまった時にShortした訳ですが、このVIXの窓開け上昇は想定外。利益確定で押されたのかその後SP500は下落する事なく上へ目指して伸び伸び上がっていきました。

ルール通りであり資金管理も出来たので相場感が足らなかったのが負けた要因ですが、Shortを踏み上げられると次またShortするのが怖くなります。

ここまで上昇されると下がる気がしてきません。

リセッション?大暴落?本当に来るのか!?!?個人的にまだすぐには来ないんじゃないかと感じてますが、つぎエントリーする時も恐らくShortです。

一度ドンピシャ天辺でLongエントリーした事があるので今からのLongは怖すぎます。最高値になり上は真空状態でレジスタンスがなくどこまで上がるか全く分からなくなってきます。

Shortするなら損切りは決めて確実にする、これで資金を守ることの徹底が必要そうです。

みなさんがイイね👍と思ってクリックして頂けるとぼくの励みになりますし、沢山の方々に広まりみんなで幸せになりたいと思ってますので宜しければクリックお願いします。

にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ
にほんブログ村

本記事はここまでになります。

ご覧頂きありがとうございます。

米国株投資するなら取引手数料無料のDMM株がオススメ

【DMM 株】口座開設

米国株投資するなら、米国株式の取引手数料は0DMM 株が圧倒的にオススメです

米国市場は高配当銘柄や30年以上増配当銘柄が数多くあるので、早期リタイアを実現してる人はほぼ必ず米国株に投資しています

米国株価指数のS&P500は長年上昇しており、世界の株式市場をリードしています

そんな米国株ですが、実は日本株と違い1株から購入出来きるので、少額資金で米国企業の株主になれます

DMMでは保有する米国株を信用取引の担保にできるので、長期保有株をデイトレやスイングなどの短期投資に活かすことができるので資金効率が上がります

インストール型の取引ツールとしては珍しくMacに対応

Apple ユーザーでも高度な株取引が可能です

取引手数料0円で米国株投資するならDMM一択!

ABOUT ME
TK7
投資本を100冊以上読み込み株式投資を勉強するも5回退場。 そんな僕でも少しずつ資産形成が出来るようになりました。 短期トレードや長期投資などの資産形成に役立つ情報を提供していきます。
一緒に読まれています