Opportunity for investment
投資でお金を作る
米国株

SP500下落?ドル円は反発してますけど⁉︎⁉︎

【DMM 株】口座開設

米国株投資するなら、米国株式の取引手数料は0DMM 株が圧倒的にオススメです

米国市場は高配当銘柄や30年以上増配当銘柄が数多くあるので、早期リタイアを実現してる人はほぼ必ず米国株に投資しています

米国株価指数のS&P500は長年上昇しており、世界の株式市場をリードしています

そんな米国株ですが、実は日本株と違い1株から購入出来きるので、少額資金で米国企業の株主になれます

DMMでは保有する米国株を信用取引の担保にできるので、長期保有株をデイトレやスイングなどの短期投資に活かすことができるので資金効率が上がります

インストール型の取引ツールとしては珍しくMacに対応

Apple ユーザーでも高度な株取引が可能です

取引手数料0円で米国株投資するならDMM一択!

みなさんこんにちは、そしてこんばんは。

TK7です。

本日はSP500と日経平均株価をShortしていますが本当に下落してくるのか不安になってきましたので、ドル円のチャート分析をして今後どうなりそうなのか考えてみましたので是非ご覧ください。

株価指数の上昇

下ヒゲ連発して反発か⁉︎と思わせたあと陰線で下げるが陽線二本で陰線高値を超えて上昇してきました。

上昇初期でエリオット波動3波か⁉︎というかチャートに見えます。

短期的に上昇しそうな足でShortしてるぼくは良いイメージではないです。

日経平均株価はSP500より上げておりアメリカ株より日経平均株価が下がるという予想が外れてかなり不安になってきました。

本当に株価指数はこのまま下落してくるのでしょうか⁉︎

スポンサーリンク

ドル円

今まではSP500に逆相関なVIX指数と比較していましたが、今回はドル円を見ていこうとおもいます。

えええぇぇ…

ドル円も下落後底固めしてこれから上昇なのか⁉︎と思わせる動きをしています。

見た感じ株価指数とドル円はおなじような動きをしているので参考になりそうです。

なぜこの位置で反発を食らっているのでしょうか。

75日移動平均線に反発されているのが分かります。

そして下ヒゲの安値当たりはサポートされている価格帯がありそうです。

つまり75日移動平均線のサポートを割るのはエネルギーがいる事がわかります。

簡単にドル安円高にはならない可能性があります。

トランプ大統領も言ってましたが、本当にドルが強すぎる。

しかしこの75日移動平均線のサポートが厚いと言う事は、割って下落したらドル安円高に一気に行く事になります。

そしてドル円と株価指数が順相関なので株式市場も下落一直線になることでしょう。

そうなればShort優勢ですね。

もちろんサポートが強くて上昇する事もかんがえられますのでリスク管理は必要です。

まとめ

ドル円は下落してSP500や日経平均株価も下落する‼︎

ってゆー希望。

ドル円が75日移動平均線を割ったら下落相場になり落ちる。

株価指数は下落してるしVIX指数も上昇してボラが高くなる事を示しています。

後はドル円次第になってきました。

と言う事は金曜日の雇用統計は1つ注目になります。

ここで悪い結果になればドル円が下落してる株価も落ちる事が考えられます。

金曜日を楽しみに待ちましょう。

みなさんがイイね👍と思ってクリックして頂けるとぼくの励みになりますし、沢山の方々に広まりみんなで幸せになりたいと思ってますので宜しければクリックお願いします。

にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ
にほんブログ村

本記事はここまでになります。

ご覧頂きありがとうございます。

米国株投資するなら取引手数料無料のDMM株がオススメ

【DMM 株】口座開設

米国株投資するなら、米国株式の取引手数料は0DMM 株が圧倒的にオススメです

米国市場は高配当銘柄や30年以上増配当銘柄が数多くあるので、早期リタイアを実現してる人はほぼ必ず米国株に投資しています

米国株価指数のS&P500は長年上昇しており、世界の株式市場をリードしています

そんな米国株ですが、実は日本株と違い1株から購入出来きるので、少額資金で米国企業の株主になれます

DMMでは保有する米国株を信用取引の担保にできるので、長期保有株をデイトレやスイングなどの短期投資に活かすことができるので資金効率が上がります

インストール型の取引ツールとしては珍しくMacに対応

Apple ユーザーでも高度な株取引が可能です

取引手数料0円で米国株投資するならDMM一択!

ABOUT ME
TK7
投資本を100冊以上読み込み株式投資を勉強するも5回退場。 そんな僕でも少しずつ資産形成が出来るようになりました。 短期トレードや長期投資などの資産形成に役立つ情報を提供していきます。