Opportunity for investment
投資でお金を作る
仮想通貨

Ethereum爆上げ!ビットコイン,イーサリアム,リップルの価格チャート分析

みなさんこんにちは、そしてこんばんは。

TK7「@TK7Investment」です。

今週1週間、Bitcoin・Ethereum・Rippleがどの様に動いたのか振り返っていく記事になります。

本記事をご覧いただくことにより、サポートとレジスタンスが何処なのかと言ったチャート分析や僕の意見を知ることができます。

実際に僕自身もポジションを保有しています。

その為ポジションを持っていない分析家などとは違い、リアルに本気の分析ができます。

更に、分析を続けることにより分析力の向上を目指して皆様と共有していきます。

是非最後までお付き合いください。

ランキングのクリックありがとうございますにほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村

TK7ブログの最新記事を見逃さない為にも、是非ブックマーク登録よろしくお願いします。

投資は自己責任でお願いします。

仮想通貨投資で懸念されるのはセキュリティー。

Ledger NanoSなら、秘密キーを完全にオフラインで保管することが可能な為安全に仮想通貨を保有する事が出来ます。

ゴールドマン・サックスが主導 コインメトリックスの1500万ドルの資金調達

cointelegraphの報道によると、仮想通貨分析を手がけるコインメトリックスは5日、ゴールドマン・サックスが主導する資金調達ラウンドで1500万ドルを調達したと発表した。

発表によると、ゴールドマン・サックスのほかにキャスル・アイランド・ベンチャーズ、ハイランド・キャピタル・パートナーズ、フィデリティ・インベストメント、アヴォン・ベンチャーズ、コミュニタス・キャピタル、コラボ+カレンシーなどが「コインメトリックスのグローバル展開を加速させる」ことを目的として出資した。

コインメトリックスの共同創業者であるニック・カーター氏は、今回の資金調達について、機関投資家向けにデータを提供するために「重要な検証」ができるとしている。

今年に入ってから、ゴールドマン・サックスは仮想通貨業界に積極的になってきている。4月には投資家向けのメモの中で、仮想通貨・ブロックチェーンと密接に関係にある19社の米国株を取り上げた。また、今年第2四半期にもビットコインなど複数の仮想通貨を顧客向けに利用できるようにする準備を進めていると報じられている。

もう大手投資銀行も仮想通貨の上昇を無視できない状態に来ていると言えます。

恐らく、仮想通貨が低迷していたらこんな動きにはならなかったと思います。

ビットコインや最近ではイーサリアムの上昇が群を抜いています。

株・国債・金に並んで仮想通貨と言う新たなポートフォリオの追加によりパフォーマンスを高めたいと思う投資家が増えて当然です。

大手銀行が参入すれば、世の中から仮想通貨を追い出すのは困難になるでしょう。

仮想通貨上昇による恩恵は投資家の含み益だけでなく、大口投資家を参入させて仮想通貨投資を継続させる流れを作る恩恵も受けそうです。

ではそんな仮想通貨が今週どのように動いたのでしょうか、見ていきましょう。

チャート分析

チャート下の赤いグラフは相関性を表しています。

1.0なら相関しており、-1.0なら逆相関の関係にあると示しています。

Bitcoin

あまり動きませんでしたね。

移動平均線がサポートになると思ってましたが、すぐ大陰線で割れてしまいました。

翌日に戻しているので、移動平均線とトレンドラインが意識されて動いていることは1週間の動きを見て判断できます。

58000〜60000ドルは上値が重いようです。

サポートとレジスタンスが狭い幅なのでブレイク待ちだと思います。

サポートにしっかり反応しているのをみると上昇する動きが今後の展開なのではないでしょうか。

徐々に相関性の高まっている米国株は上昇トレンドに入りした。

株の流れやこのあと見るイーサリアムの上昇に影響される事を考えればやはり上昇目線になります。

サポートは移動平均線・トレンドライン・52000ドル。

レジスタンスは60000・62000・64000ドル。



Ethereum

3000ドルはRSI的にも高くてレジスタンスで売られる可能性あるよと言いましたが、ガッツリ外れました。

まさかここまで強いとは。

いや、強すぎる。

ショートカバーしか買い入らないだろ!って思ってしまいます。

問題なのはどこまで下落するのか?ってところです。

わかりやすいところでは、短期移動平均線と3000ドルが考えられます。

4月には移動平均線タッチでより上昇する勢いをつけましたので、サポート機能はあります。

4000ドルでのレジスタンスの動きには注目ですね。

ここまで上がるとだらだら下げるより、短期足の大陰線などが出現して利益確定パニックや空売り勢の参加により一気に下げて調整するシナリオを考えてます。

Ripple

移動平均線と1.4ドルのサポートが確認できます。

1.7ドルは上ヒゲで売られているのでレジスタンス意識がありそうですが、ビットコインに相関してあまり動かなかったと考えています。

今週は1.4〜1.3ドルを割れてくると下落が加速する可能性があります。

下落した場合、移動平均線が近い1.0ドルまで落ちることが考えられますので買いの方は注意が必要です。

レジスタンスは1.8・1.9ドル。

今週の予想

イーサリアムは上昇で調子良いのですが、ビットコインとリップルがイマイチな動き。

イーサリアムが行き過ぎなのか、ビットコインが弱いだけなのかの答え合わせになる1週間になるかなと考えています。

ビットコインの60000ドルでの超えるのかレジスタンスになって下落するのかの値動きに注目です。

イーサリアムも4000ドルで超えるのか売られてそれが続くのかはよく見ておく必要があります。

米国株が上昇して相関性が高まった関係性により上がるのか⁉︎

楽しみな1週間になりそうです。

雇用統計、最悪の結果でも米国株上昇!日経平均,S&P500,VIXの株価チャート分析 みなさんこんにちは、そしてこんばんは。 TK7「@TK7Investment」です。 今週1週間の日経平均株価・S&...

ボラティリティ高いビットコインですが、下落した時に買うのが長期投資では優位となり、積み立て投資する事により下落相場で投資できれば平均取得単価を下げる事が出来きます。

Coincheckでは積み立て投資でビットコインを購入出来ますので、チェックしてみて下さい。

又、ビットバンクではオーダーブック(取引板)方式なので透明性の高いお取引が可能であり、マーケットの機微な状態も板があるから一目瞭然です。又、リップルの板取引は登録事業者予定の企業ではbitbankだけ。株取引してる方には特に馴染みがあるのでやりやすいと思います。

仮想通貨で短期トレードするならbitbank

仮想通貨取引口座が1つだけでは勿体ない!用途によって口座を使い分けよう! みなさんこんにちは、そしてこんばんは。 TK7です。 本記事は僕が使用している又はオススメの仮想通貨取引口座になります。 ...

Twitterでブログ更新やその時の感情や思ったことをtweetしていますのでフォローしてみてください→→→@TK7Investment

この記事が参考になったり面白いと思って頂けましたらランキングへのクリックお願いしますにほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村

本記事はここまでになります、ご覧頂きありがとうございました。

ABOUT ME
TK7
投資本を100冊以上読み込み株式投資を勉強するも5回退場。 そんな僕でも少しずつ資産形成が出来るようになりました。 短期トレードや長期投資などの資産形成に役立つ情報を提供していきます。

にほんブログ村 株ブログ 株式投資情報へ
ブログランキングの応援クリックお願いします!

お金を作る1番早くて確実な手段は、自己投資して自分自身のスキルアップさせる事です。

新たな分野を学ぶことで副業や転職による収入アップ、将来的に独立して起業するためのチャンスが生まれます。

デジタル化が進むグローバル時代に身に付けておきたいスキルを厳選しました、画像をクリックして一度ご覧になってみてください。

一緒に読まれています