仮想通貨

BTC ETH XRP チャート分析と評価損益

みなさんこんにちは、そしてこんばんは。

TK7です。

本記事はBitcoin Ethereum Rippleのチャート分析と来週の戦略を考察しました。

保有する仮想通貨の評価損益も発表させて頂きます。

日々チャート分析をすることによって分析力や相場間の向上を目指していきます。

更に皆様に共有する事で、利益への情報共有になれば幸いです。

株&CFD仮想通貨

Twitterでブログ更新やその時の感情や思ったことをtweetしていますので是非フォローしてみてください→→→TK7Twitter

そしてTK7ブログの最新記事を見逃さない為にもブックマークの登録よろしくお願いします。

にほんブログ村 株ブログ 株式投資情報へ

Bitcoin・Ethereumの評価損益

bitFlyerでは主にビットコインとイーサリアムを保有しています。

評価損益はビットコインとイーサリアムに依存しますので、チャート分析していきます。

Bitcoin

トレンドライン割れを起こしたのでヒヤヒヤしましたが、安値切り上げて上昇トレンドは継続してます。

トレンドラインがレジスタンスになり上値を抑えられています。

陽線が出た時出来高の増加が見られるので、下落したら押し目買いが入ったと見ることが出来ると思います。

先週の記事でレジスタンスは70万で一旦下げ止まるのではないかと言う予想がドンピシャ。

4時間足でも安値切り上げ。

現在値直近高値のレジスタンスラインで上値を抑えられています。

陰線に比べて陽線の方が出来高多いいので、上にブレイクしてくると思います。

そして再度80万チャレンジしてくるのではないでしょうか。

サポートは、トレンドラインと70万を想定しています。

Ethereum

16000円で複数のサポートを確認後大幅上昇。

意識される価格帯・トレンドライン・前回持ち合い高値のサポートラインが強く意識されました。

トレンドライン維持と安値切り上げにより相場は上昇トレンドにあると言えます。

陽線発生時出来高の増加が見られます。

これにより相場は下落よりも上昇をみんなが意識すると考える事ができると思います。

前回高値の19000円のブレイクと、現在値サポートとしての機能。

20000円で一度レジスタンスとなり価格は落ちていますが、持ち直してブレイク出来るかが注目されます。

サポートは節目の19000や18000などのきりのいい価格とサポートライン。

上昇目線です。

Rippleの評価損益

¥+7499

bitbankでは主にリップルを保有しています。

評価損益はリップルに依存しますので、チャート分析していきます。

Ripple

Ripple先週はほぼ横ばいの動きとなりました。

下落するも安値更新はせず。

再び0.2ドルを目指そうとしているように見受けられます。

4時間足で見ても完全にレンジ相場です。

先週の仮想通貨はRippleが牽引する形で上昇していました。

今週はこの持ち合いをどちらにブレイクするのかに注目されます。

サポートは、トレンドラインと0.18の価格帯。

レジスタンスは0.2と平行ラインになると思われます。

目立つサポートが僕の分析ではあまりないので、サポート割れを起こすと再び下落トレンドになるのではないかと考えています。

まとめ

評価損益→¥+40855

資金に対して大きくプラスになりました。

まだまだ含み損ですが、マイナスじゃないだけ嬉しい。

持ち合い相場に仮想通貨が突入しました。

上昇するのか下落するのかわかりませんが、株価は下落しているので、仮想通貨が上昇したら結構盛り上がりそうですね。

そして僕の含み損も減るので盛り上がります!

先週の日経平均株価やNYダウのチャート分析はこちら。

この記事が参考になったり面白いまた見て見よっかなとかイイね♪と思って頂けましたらクリックして頂けるとぼくの励みになりますし、沢山の方々に広まりみんなで良い人生を過ごしていけたらと思ってますので↓クリック↓お願いします。

にほんブログ村 株ブログ 株式投資情報へ

株&CFD仮想通貨

Twitterもやってます!是非こちらのフォローもよろしくお願いします→→→TK7Twitter

本記事はここまでになります、ご覧頂きありがとうございました。