週間収支報告

2020.3月4週目 株・原油のトレード収支と日本株の評価損益

みなさんこんにちは、そしてこんばんは。

TK7です。

本記事は3月は4週目の原油トレードの収支と、長期保有している日本株の評価損益の報告となります。

これがリアルなトレーダーです。

株&CFD仮想通貨

Twitterでブログ更新やその時の感情や思ったことをtweetしていますので是非フォローしてみてください→→→TK7Twitter

そしてTK7ブログの最新記事を見逃さない為にもブックマークの登録よろしくお願いします。

にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ
にほんブログ村

GMOクリック証券

評価損益 ¥-23,332

原油

2020.3月3週目 日経 ダウ ゴールド 原油チャート分析と投資戦略 で今週の原油投資戦略を考察してますので併せてご覧ください。

レジスタンスまでは上昇すると思ったので、黄色丸で買いエントリーしてスイング保有していました。

2度の高値更新チャレンジが失敗に終わり諦めて利確。

その後ちょろっとデイトレしましたがしばかれました。

スイング保有せず黙ってデイトレしてた方が利益になったのもさらに悔しいです。

来週は予定が立て込んでるのでトレード機会が少なくなりますが、出来る範囲でデイトレします。

スイングは含み益減るのもそわそわするし、確実に利益欲しいからデイトレでゲットする戦略をとります。

何度かゴールドや株価指数に浮気してボコられました。

トレードは原油オンリー!

忘れるな僕!

SBI証券

評価損益 ¥-188,388

原油ブル

新しく仲間に入りました。

あまり資金は突っ込んでなくて、1,000円程度です。

WTI原油を指標にして1ドル下がる事に2株買ってひたすら買い下がろうと思ってます。

今の感じで行けば13ドル当たりまでは下落しても買い増ししていく予定で資金は1万円ほど使います。

このくらいなら大赤字になっても耐えられるし、でも原油かなりバーゲンセールだと思うから買いたいので原油チャレンジ!

目標は銀行預金利子を超えること。

三菱UFJ

先週分の下落を取り戻す勢いで上昇。

中期移動平均線にタッチ後下落せずしっかりとした強さを見せました。

一安心(*´◒`*)

月足の出来高と下ヒゲもなかなか凄い事になりました。

もちろんまだコロナウイルスが終息してないので、下落するリスクはあります。

一旦の上昇を見せてくれたので、下落した時に安値更新するかのサポートとして機能すると思います。

下げ止まりに期待できるポイントが出来たのは良かったです。

みずほ

みずほは三菱UFJよりテクニカルは強いと見受けられます。

中期移動平均線をしっかりブレイクしているし、ブレイク後も弱気のローソクは出ていません。

月足で見ても際立って長い下ヒゲを現状で付けていて、反発の強さを感じます。

含み損が銀行株えげつないので上がって欲しいですね。

コロナウイルスを気にコスト削減やテクノロジーを駆使して利益率上げて株価に反映してくれー_| ̄|○

楽天証券

評価損益 ¥-68,710

CYBERDYNE

CYBERDYNEも三菱UFJやみずほ同様に中期移動平均線を超えてきました。

このあと下落して安値更新せず上昇に転じたら底なのかな?と認識しますが、まだ今の段階では下落の箸休めと捉えた方が良いと思います。

とは言え月曜日に比べたら含み損は少なくなったので、上昇して含み損から解放して欲しいですね。

スルガ銀行

中期移動平均線を超えてから下落するも、金曜日までなんとか持ち堪えてくれました。

金曜日では移動平均線タッチしたあと反発上昇しているので、移動平均線が意識されているのは明確です。

来週は今週の上昇をキープできるかどうかですが、指数の方が正念場です。

来週 2020.3月4週目 日経 ダウ ゴールド 原油チャート分析と投資戦略 はこちら。

まとめ

トレード収支→ ¥23,332

日本株評価損益→¥-257,098 前週比+60,562

この上昇があと5回続いてくれたらプラ転(╹◡╹)

まあむりか。

今までずっと下落していたのでちゃんと上昇する銘柄なんだと安心出来た1週間でした。

トレードの方はデイトレのみします!

まずはプラス収支目標に頑張ります。

この記事が参考になったり面白いまた見て見よっかなとかイイねと思って頂けましたらクリックして頂けるとぼくの励みになりますし、沢山の方々に広まりみんなで幸せになりたいと思ってますので↓クリック↓お願いします。

にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ
にほんブログ村

株&CFD仮想通貨

Twitterもやってます!是非こちらのフォローもよろしくお願いします→→→TK7Twitter

本記事はここまでになります、ご覧頂きありがとうございました。