暗号通貨

2020.2.4week BitcoinCash Litecoin NEMのチャート分析

みなさんこんにちは、そしてこんばんは。

TK7です。

本記事は2月の4週目、BitcoinCash Litecoin NEMのチャート分析をしていきます。

先週のチャート分析を振り返り今後どうなっていくのか記事にしていきます。

チャート分析の向上や、相場感の共有をしていきますので是非最後までお付き合い下さい。

Twitterでブログ更新やその時の感情や思ったことをtweetしていますので是非フォローしてみてください→→→TK7Twitter

そしてTK7ブログの最新記事を見逃さない為にもブックマークの登録よろしくお願いします。

BitcoinCash

コインチェック

予想通り下落してきました。

下落したものの、意識されそうな価格がいくつかあるので下げ止まりやすいかなと思います。

どのラインが意識されやすいのかはわかりませんが、僕の引いたラインでは下から2番目のラインが機能していると思います。

このラインは、ピッタリこの価格ってわけではなくて大体この価格ら辺はサポートされている価格帯になります。

持ち合った後高値更新の上昇を見せました。

今下落していますが、この下落が安値更新せず上昇したら次のレジスタンスまで上昇を見せるかもしれませんね。

もし下げると、300と280の価格帯は意識されて下げ止まるかもしれません。

トレンド形成せずサポートとレジスタンスにタッチしたら逆行しつつも上昇を試す動きをするのではないでしょうか。

上がるなら380までの上昇はあり得ると思います。

下は280。

この範囲のレンジ。

サポートもレジスタンスも多いので、大きくは狙い難いと思います。

coincheck

スポンサーリンク



Litecoin

bitbank

チャネルラインのサポートが機能して上昇した為、チャネルラインのレジスタンスにチャレンジするかと思いましたが、下落してきました。

大陰線下落により、平行ラインをあっさり割ってきました。

高値切り下げやチャネルラインブレイクにより、上昇トレンドが終焉したように見えます。

下ヒゲをつけて下げ止まった後はレンジになっています。

日足で見てもなんとなく56の価格帯が意識されているのかもしれません。

先週の持ち合い予想は外れましたが、今週は56〜66辺りで持ち合いそうだと考えています。

下落で平行ラインはあっさりブレイクされましたが、大陰線下落したことで平行ラインは意識されてくるのかなと考えています。

また弱い印象を受けるので、ある程度買い勢が集まるまでは上昇が難しい気がしてます。

レンジなので上昇か下落ではなく、どの辺りでレンジで動くのかの予想をしていきます。

仮想通貨ならビットバンク

スポンサーリンク



NEM

コインチェック

まさかのトレンドライン割れ(°_°)

先週の予想は外れましたね。

トレンドライン割れを起こした後、0.043のラインで反発しています。このラインは意識されそうですね。

そしてトレンドラインがレジスタンスになっています。

4時間足で高値切り上げが起きています。

切り上げ前は三角持ち合いのようにも見えます、持ち合いブレイクが起こり現在上昇している事から、来週は上昇すると考えています。

トレンドライン割れは起こしましたが、そのすぐ下のラインで下げ止まっています。

サポートされた価格帯が押し目買いになり、下げ止まって上昇に繋がっている。

一度トレンドラインのレジスタンスにチャレンジするも上ヒゲとなりましたが、再度レジスタンスに向けて上昇していますので相場は上に向かっていると思います。

NEMは上昇!

coincheck

スポンサーリンク



まとめ

BitcoinCash→280〜380間のレンジ

Litecoin→56〜66間でレンジ

NEM→上昇

僕にはレンジ相場に思えて難しいです。

レンジだと思ってますが、上昇気味に動くと思っています。

どれもトレンドライン割れしているので、今の価格が押し目になるのかが注目ポイントだと思います。

相場が押し目と見なければ下落するんだろうな。

下落してもトレンドライン割れしたので、テクニカル的には筋が通るので警戒する必要はあります。

仮想通貨ならビットバンク

この記事が参考になったり面白いまた見て見よっかなとかイイねと思って頂けましたらクリックして頂けるとぼくの励みになりますし、沢山の方々に広まりみんなで幸せになりたいと思ってますので↓クリック↓お願いします。

にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ
にほんブログ村

Twitterもやってます!是非こちらのフォローもよろしくお願いします→→→TK7Twitter

本記事はここまでになります、ご覧頂きありがとうございました。