チャート分析

2020.10/26〜30 日経・S&P500・VIXのチャート分析と来週の相場戦略

みなさんこんにちは、そしてこんばんは。

TK7です。

今週1週間のマーケットがどう動いたのか、日経・S&P500・VIXをチャート分析して来週はどのように動きそうなのかを考えていきます。

是非最後までお付き合いください。

日経・ダウ・NASDAQに加えてゴールドや原油などが原則固定スプレッドで投資家優位なトレードが出来ます

【DMM CFD】入金

現物株の手数料が業界最安値水準、更に米国株の手数料無料

【DMM 株】口座開設

デイトレするなら必見 1日信用取引の手数料無料

松井証券

オリコン顧客満足度調査2019年 ネット証券 第1位

1社だけでなく複数証券口座を持つ必要性についてお話させて頂いてるので是非!

証券口座は複数開設しろ!その理由とオススメCFD&株取引口座 みなさんこんにちは、そしてこんばんは。 TK7です。 本記事は僕が使用している又はオススメの証券会社になります。 今...

Twitterでブログ更新やその時の感情や思ったことをtweetしていますのでフォローしてみてください→→→TK7のTwitter

そしてTK7ブログの最新記事を見逃さない為にも是非ブックマークの登録よろしくお願いします。

ランキングしてます、良かったらクリックしてねにほんブログ村 株ブログ 株式投資情報へ

投資は自己責任でお願いします。

出典「トレーダーズ・プレミアム」業界最高水準の株式情報サービス Bloomberg

ニュース

1週間の動き

す軟調となった。大統領選を翌週に控える中、米国株が大きめの下落となった。追加経済対策協議の難航や、新型コロナウイルスの感染拡大懸念が売り材料となり、28日には欧米株がそろって大きく崩れる場面もあった。こういった動きに対して、日経平均は木曜までは非常に底堅い動きを見せた。ソニーが大幅高となるなど、決算銘柄の強い上昇が相場を下支えした。しかし、金曜30日は警戒ムードが強まり大幅安。週末値で23000円を割り込んだ。マザーズ指数も週間で6%超の下落となり、1200pを割り込んだ。日経平均は週間では約539円の下落。週足では3週連続で陰線を形成した。

Reuters よりスクリーンショット

先週のチャート分析で選挙前にコロナ予算法案が通らない事への失望売があると考えていますと言いましたが、通らずにマーケットは下落しました。

先週のチャート分析はこちら。

2020.10/19〜23 日経・S&P500・VIXのチャート分析と来週の相場戦略 みなさんこんにちは、そしてこんばんは。 TK7です。 今週1週間のマーケットがどう動いたのか、日経・S&P500・...

世界の株価

アメリカ

アジア

ヨーロッパ

北米ではNYダウの下落が目立つ1ヶ月となりました。

今のマーケットの暴落を誘発してるのはダウである可能性がありそうです。

アジア株の強さを感じますが、気になるのは日経があまり下げてないのに対してTOPIXは下がっていること。

小型株から売られ始めている事を示しているとおもいます。

そして欧州はすごい下落率です。

JIJI よりスクリーンショット

恐らくダウの下落も関係してますが、コロナが猛威をふるい感染者が増えていることから下落している可能性があります。

来週の予定

来週は米国発の材料が多い。最大の注目は大統領選で、速報を最初に消化する4日は、関連報道に振り回されることになりそう。大統領選後にはFOMC(4日~5日)がある。選挙結果が売りを誘った場合には、FRBがクッション役として立ち回る展開が期待できる。ただ、足元の米国株も不安定となっており、リップサービスなどがなければ、失望売りを誘う展開も想定される。10月のISM製造業景気指数、ISM非製造業指数など注目度の高い指標の発表もあり、週末には10月の雇用統計の発表も控える。これら米国要因を吟味しながら神経質な地合いが続くだろう。ただ、国内では引き続き決算発表が多い。個別の活況が見込まれる分、底堅さは維持されると考える。

国内

トレーダーズ・プレミアム

国外

チャート

ローソク足下の1.0〜-1.0間の赤色グラフはS&P500との相関性を表しています。

1.0であれば相関しており、-1.0であれば逆相関しているとわかるツールです。

日経平均株価

今週は下落しました。

金曜日は大きく下げましたが、それ以外の日は比較的強い変われる動きをしているなと思いました。

その理由として

  • トレンドラインが効いていた
  • トレンドラインが割れてもなおレンジ内の動きに収まっている
  • 23,000円がサポートレベルになっている
  • 100日移動平均線のサポートが近くにありサポートレベルの意識がある

この4つが意識されている為に売られても買われやすい状況にあると考えられます。

こちらは先物のチャートになります。

日経は東京時間で大きく売られましたが、欧州・NY時間で買い直されています。

この事から先ほど説明した4つの要因が当てはまっているのではないかと思います。

しかし大きくマーケットが下落しています。

日経は100日移動平均線を割ってきたら下落が加速する可能性が高いのではないでしょうか。

8月の半ばから23,000円を割り込むと買われて下ヒゲをつけており、23,000円以下だと買われる価格帯と言うことになります。

今回の下落で23,000円下回っても変われない場合は持ち合いをブレイクしたと考えて下落目線で考える必要があると思います。

現在のサポートが強く耐えるのであれば、日経は上昇期待がありそうですね。

S&P500との相関性が高いので、米国市場の動向次第な部分もあります。

では来週S&P500はどうなりそうなのか、考えていきます。

初めて読む人でも丸わかり!日経平均株価とは? みなさんこんにちは、そしてこんばんは。 TK7です。 日経平均株価、みんな知ってますよね。 投資している人はもちろん...

S&P500

日経の強さとは対照的にこちらは大きく下落しました。

トレンドラインも割ってさらに100日移動平均線も割っていてかなりの弱さがあります。

高値切り下げの大幅下落なのでパッと見た印象もかなり悪いですね。

しかし、NYダウと比較するとまだサポートを割っていません。

S&P500で言うと3,200ドルが一つサポートレベルになりますが、割っていません。

その価格は前回下落の安値であり、節目の価格帯と同時に意識されるサポートです。

それに対してダウは前回下落の安値を更新しました。

下落トレンドと言える動きになったので売られ易くなります。

ダウは恐らく26,000ドルがサポートになると考えます。この価格帯は7月に意識されていました。

S&P500は3,200ドルがサポート。

金曜日、S&P500は出来高急上昇しました。

しかも下ヒゲ陽線。

ここで一旦下げ止まりをマーケットは確認するのではないかと思います。

3,200ドルを割れば下落目線。

100日移動平均線を超えてくるのであればショートカバーも巻き込んで上昇してくると考えてます。

ヘッジファンドのベンチマークに使われるS&P500とは⁉︎構成銘柄はなに? みなさんこんにちは、そしてこんばんは。 TK7です。 投資をされてる方ならS&P500ご存知だと思いますが、してな...

VIX

急上昇しました。

つまりマーケットはボラティリティが高くなり株式市場が下落すると見ている事になります。

実際マーケットは大きく下落しましま。

S&P500との相関率も高いです。

まずは平行ラインですね前回下落時の高値ですが更新しました。

現在はその前の44ドルにトライしてます。

このチャートを見る限りかなりマーケットはこれからも下落する動きになりそうだなと思っちゃいます。

木金と上昇せずに平行ラインの価格で耐えてますが、ここから下落して来るか注目です。

もしくは44ドル超えるのか。超えた場合マーケットは更なる下落に見舞われる可能性が高いです。

先ほど述べた日経やS&P500のサポート割れ、警戒が必要。

とはいえ、9月に上昇した時はトレンドラインブレイクして上昇しましたがすぐ下落しています。

今回もトレンドラインをブレイクしていますが、44ドル超えなければすぐ下落する可能性もあります。

なので現在の38ドルのレジスタンスと44ドルの高値での値動き、上昇するのが下落するのか注目です。

来週の戦略

現在のトレンドは下落に向かっています。

そしてボラティリティが増しており下落しやすい相場。

ですが、僕は株価持ち直すんじゃないかなと思います。

サポートが各株価に直近である為に下落し難いのでは無いかと考えています。

が、大統領選挙があるのでどうなるのか全く想像がつきません。

来週はまず損をしない低く抑える事に注意して挑んでいきます。

テクニカルが通用しなく価格が極端に走る場合も想定する必要があります。

個別株はもちろんの事、

  • ダウ30種工業株平均→DIA
  • S&P500→VOO
  • NASDAQ→ QQQ

と言った米国株のETFがあります。ダウ・S&P500・NASDAQについてはページ下にある記事をご覧ください。

日本株ETFより信託報酬(費用)が安く配当金の高い米国株のETF投資もポートフォリオに入れてみてはいかがでしょうか?

米国株投資にオススメな証券会社はDMM 株

取引手数料の1%がDMM 株ポイントとして
貯まります。貯まったポイントは、1pt=1円で証券口座に入金することが可能です。

米国株式は取引手数料が0円です。

DMM 株ならネット証券初!米国株式を信用取引の担保にできます!

米国株式を担保として利用できることのメリット

  • 米国株式に投資した資金も保証金に算入され、資金効率が上がる!
  • 投資の幅が広がる!
  • 長期保有の資産を短期の資産運用に活用できる!

DMMでは1つのアプリから日本株と米国株へ投資が出来ます。

更にiOSに対応した株取引ツールもあるので、普段Macを使って株取引を行えます。

Appleユーザーとしては嬉しいですよね!

株をはじめるなら、DMM.com証券

【DMM 株】口座開設

日本証券取引所の傘下である東京証券取引所がシステム障害で株取引が終日停止になりました。

東証で株取引が終日停止になった時の対策についてまとめていますので、宜しければどうぞ。

21年ぶりに東証で終日売買停止!東証システム障害で株取引できず。トレーダーとして対策を考える みなさんこんにちは、そしてこんばんは。 TK7です。 先日2020.10.1に東京証券取引所(以降東証と表示)でシステム障...

日経・ダウ・NASDAQに加えてゴールドや原油などが原則固定スプレッドで投資家優位なトレードが出来ます

【DMM CFD】入金

現物株の手数料が業界最安値水準、更に米国株の手数料無料

【DMM 株】口座開設

デイトレするなら必見 1日信用取引の手数料無料

松井証券

オリコン顧客満足度調査2019年 ネット証券 第1位

1社だけでなく複数証券口座を持つ必要性についてお話させて頂いてるので是非!

証券口座は複数開設しろ!その理由とオススメCFD&株取引口座 みなさんこんにちは、そしてこんばんは。 TK7です。 本記事は僕が使用している又はオススメの証券会社になります。 今...

NYダウってなんなのか、なぜ投資をする上で重要な株価指数なのかを勉強してまとめました。

初心者にわかりやすく解説!ダウ工業株30種平均とは⁉︎ NYダウの構成銘柄は? みなさんこんにちは、そしてこんばんは。 TK7です。 投資をされてる方ならご存知なNYダウ。 投資をされていない方で...

日本株のマーケットの流れを見る上でTOPIXが重要な株価指数になります。

日本株投資するなら絶対知っておきたいTOPIXとは!日経との違いは?これを見れば丸わかり みなさんこんにちは、そしてこんばんは。 TK7です。 日本の株価指数で有名なのは日経平均株価ですが、TOPIXと言うものも...

個人投資家が売買するマザーズってなに?日経やTOPIXと何が違うの?これを読めばマザーズの基礎知識が身に付きます

個人投資家が注目する株価!これを見ればマザーズ指数がわかる! みなさんこんにちは、そしてこんばんは。 TK7です。 日本株の新興市場であるマザーズ。 投資してる人なら知ってると思...

2020年コロナショックでもいち早く上昇して高値更新した NASDAQ、驚きの上昇力をみせる株価指数の事をご存知ですか?

最高値更新し続ける株価指数、NASDAQとは何か⁉︎ みなさんこんにちは、そしてこんばんは。 TK7です。 連日最高値更新により全投資家が注目していると言っても過言ではないNA...

この記事が参考になったり面白いと思って頂けましたらランキングへのクリックお願いします。 にほんブログ村 株ブログ 株式投資情報へ

本記事はここまでになります、ご覧頂きありがとうございました。