週間収支報告

2020.1/14〜17 トレード収支報告

みなさんこんにちは、そしてこんばんは。

TK7です。

本記事は1/14〜17までのトレード収支報告と長期保有銘柄の評価損益をまとめました。

今週はまじでやらかした。

ショック過ぎるけど、本気でチャートに向き合ってなかった自分を自覚できた損失です。

そんな結果も隠さず報告しますので是非ご覧下さい。

Twitterでブログ更新やその時の感情や思ったことをtweetしていますので是非フォローしてみてください→→→TK7Twitter

そしてこのブログ最新記事を見逃さない為にもブックマークの登録よろしくお願いします。

日経平均とドル円

我が日本の株式指数とドル円が先週どんな動きをしたのかさらっとみていきます。

1週間を終えてみると、プラスで終えています。

米中貿易交渉の第一段にサイン期待されて上昇したものの、本当に中国側が守るのか不透明なことから一時売られました。

サインしたにも関わらずあまり相場に反映されていないのを見ると、織り込み済みな可能性が高いです。

こちらは上昇一本です。

上値抑えられていたラインもブレイクしましたし、110円超えていますので強い相場だと言えます。

日経平均株価が高値更新しなかったのが引っかかるところですが、今週は上昇目線で狙うのが比較的株式指数に順張りしたトレードだったのかなと思います。

それでは短期トレードの収支はどうなったのか見ていきます。

GMOクリック証券 CFD

あかん。

一時+60000あった利益から奈落の底へ転落。

同値撤退する時はその後上昇するからと思い保有したら、今回は上がらず下落。

勘弁してくれよーーーそんな金ないのに。

利益確定本当にしとけばよかった。

欲しい利益で確定させる勇気本当に大切。

利確してもまだ上昇したら悔しいではない、また落ちた時に拾えばいいだけ。

確実に利益確定して口座残高増やせよおれ!

週足で安値割れしたので、損切りは痛いけどどこまで下げるかんからないので損切りした勇気は褒めたいと思います。

天然ガスについては後ほど記事にまとめますのでそちらも是非ご覧になってください。

スポンサーリンク



SBI証券

まずは個別株トレード

こっちはマジで調子良かった。

ギフティはチキン過ぎて流石に利益確定早過ぎたけど、それでも全て利益で終えてるのは大きいです。

それでも口座残高はまだまだマイナスですが、少しは傷を癒すことは出来ています。

先週の反省を踏まえて利益がある程度乗ったらあまり引っ張らず早めに利益確定して勝ち癖をつける事を上げましたが、その戦法が上手くいきました。

ルール通りのエントリーしかしなかった事も利益につながったと思います。

来週も継続してあまり利益を引っ張らずに感情には従わずルールにのみ従ってトレードします。

こちらは長期保有株。

前週比¥+600

まだ安値更新していません!

金曜日出来高増加して陽線をつけてます!

まだまだいけるぞ!

がんばれよ!お祈り

上昇トレンドですが、高値更新が少し弱く感じます。

目先の目的は中期移動平均線の突破になりそうですね。

三菱UFJに比べてこの子は頑張りにかけます。

窓埋めまで下げるのでしょうか?(゚ω゚)

日経平均株価は高値更新目指しているのに、銀行株時たら全く上げてこないよおお。

下げる時めっちゃ下げてくるんだろうなあ…

損失とお友達になった長期保有株です。

スポンサーリンク



楽天証券

銀行の呪いがエグい。スルガめ(・ω・`)

煮詰まってきました。

安値更新しておらず、三角持ち合いになりそうな動きをしています。

来週は短期移動平均線を出来高を伴って抜いてくることが上昇への第一歩に繋がると思います。

週足でもかなり底値なので下落より上昇だと思うんですけどねえ。

やっぱ窓埋めまできたーーー(*´∀`)♪

ここから窓埋め完了で上げてきてくれると嬉しいのですか、銀行株期待できないですね。

少なくても来週は安値更新せずに上昇願うばかりです。

まとめ

トレード収益 ¥-44810

評価損益 ¥-133610

トレード収益相変わらずやばいです。

しかし株式ではプラスになりましたので希望と自信が持てました。

来週は先週できた事を淡々としていきます。

あと天然ガスを振り返ってしっかり今年プラス収支で終えれるように振り返り勉強していきます。

もちろん勉強した事を記事にまとめて公開するので是非ご覧くださいね。

この記事が参考になったり面白いまた見て見よっかなとかイイねと思って頂けましたらクリックして頂けるとぼくの励みになりますし、沢山の方々に広まりみんなで幸せになりたいと思ってますので宜しければクリックお願いします。

にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ
にほんブログ村

本記事はここまでになります、ご覧頂きありがとうございます。