チャートから見る世界

韓国さん大丈夫ですか?日本に強気でいる場合ですか?

みなさんこんにちは、そしてこんばんは。
TK7です。

最近やたら半日運動をしてますが本当にそんなことしてる場合なのでしょうか?
チャートを使って韓国経済をマーケットはどのように捉えているのか見ていこうと思いますので宜しくお願いします。


韓国経済成長過去10年間で最低となる見通し

少し前ですがこのような記事が出てきました。

輸出は前年同月比で12%減少し、半導体出荷の落ち込みが響き10カ月連続で減ったそうです。
なんかやばそう。
他の経済成長率はどうなのか。

まず世界全体では3.0%
アメリカ 2.4%
中国 6.1%
ドイツ 0.5%
イギリス 1.2%
韓国 2.2%
日本 0.9%

韓国より悪い( ˊ̱˂˃ˋ̱ )

日本も桜を見る会なんてやってる場合ではないですね。

ちなみに半導体輸出の落ち込みが10ヶ月連続ですが、日本が輸出規制したのは8/28からなのでそれより前から半導体の輸出は思わしくなかったことになります。

韓国は半導体の輸出の25%を中国が占めています。
米中貿易戦争が勃発している中で国内情勢も厳しく人民元安に拍車がかかり輸入量が落ちたのではないかと考えます。

人民元は7元が危険ラインと呼ばれている。
7元の大台を超えたのは2008年以降初となる。
10年相場に入ってきたのかもしれません。
自国通貨安になると輸出は有利ですが輸入では不利になります。
なので輸出量が減るのもおかしな話ではありません。


文在寅は強気だが経済は強気なのか⁉︎

ここからはニュースや経済指数からではなくマーケットは韓国経済をどう見ているのかチャートから読み解いていきます。

ウォンは1200ウォンが危険ラインと呼ばれています。
8月初旬からレンジを抜けて1200ウォンを突破して強烈なウォン安になりました。
その後少しは回復してきましたがまた1200ウォンを試しに行こうかと言う展開になってます。

日足を見ると安値更新せず下落のエリオット波動を形成し終えて上昇に転じています。

月足で見るとサポートされているラインまで下がっただけでその後陽線になりそうな気配がしています。
このまま上昇すれば再びウォン安になります。

長期足で見てもウォン安にトレンドが形成されているのでマーケットは韓国経済をポジティブには捉えていません。

月足で上昇エリオット波動が形成されています。
今後韓国経済が更にネガティヴな方向に向かう可能性があります。

そんな中で半日を煽っている暇があるのでしょうか?
政策もうまくいっていません。
むしろ悪い方向へ向かっておりマーケットは韓国政権に期待してない事がわかります。
韓国政府は調子に乗るのもいい加減にした方がいいでしょう。

ヘッジファンドの鬼のようなウォン安攻撃に合わない事を祈ります。

本日の記事はここまでになります。
ご覧頂きありがとうございます。