Opportunity for investment
投資でお金を作る
仮想通貨

リップルにバブル到来か⁉︎2020.11/15〜22 Bitcoin・Ethereum・Rippleのチャート分析

みなさんこんにちは、そしてこんばんは。

TK7です。

今週1週間のマーケットがどう動いたのか、Bitcoin・Ethereum・Rippleをチャート分析して来週はどのように動きそうなのかを考えていきます。

是非最後までお付き合いください。

↓先週のチャート分析はこちら↓

大口投資家が参入した価格がわかった! 2020.11/8〜15 Bitcoin・Ethereum・Rippleのチャート分析 みなさんこんにちは、そしてこんばんは。 TK7です。 今週1週間のマーケットがどう動いたのか、Bitcoin・Ethere...

ビットコインの積立投資ならcoincheck

コインチェック

GMOインターネットグループ(東証一部上場)の【GMOコイン】

国内No. 1と認められた鉄壁セキュリティ bitbank

bitbank

秘密キーを完全にオフラインで保管することが可能なLedger NanoS



BitcoinやEthereumにRippleの仮想通貨について、今後上昇する事が期待されています。仮想通貨に興味があったらご覧下さい。

仮想通貨取引口座が1つだけでは勿体ない!用途によって口座を使い分けよう! みなさんこんにちは、そしてこんばんは。 TK7です。 本記事は僕が使用している又はオススメの仮想通貨取引口座になります。 ...

Twitterでブログ更新やその時の感情や思ったことをtweetしていますのでフォローしてみてください→→→TK7のTwitter

そしてTK7ブログの最新記事を見逃さない為にも是非ブックマークの登録よろしくお願いします。

ランキングしてます、良かったらクリックしてねにほんブログ村 株ブログ 株式投資情報へ

投資は自己責任でお願いします。

出典

ビットコインで積み立てる「確定拠出年金プラン」が米国で初登場

coinpostによると、暗号資産(仮想通貨)ビットコインを組み入れた企業提供の「個人年金プラン」が米国で初めて提供される。

投資顧問会社のDigital Asset Investment Management(DAiM)が401(k)と呼ばれる企業が提供する確定拠出型年金において、ビットコインに投資できるプランを提供する。なお、個人で積立を行うIRA(個人退職口座)では米国で既に仮想通貨に投資できるサービスが存在している。

IRAは個人で行うため自由度が高い一方、401(k)は企業が福利厚生として提供するため様々な優遇が受けられることがあると一般に説明される。

DAiMはアドバイザーであり、資産の受託者となって投資の選定、管理、監視、ベンチマークなどを行う。最大で10%の資産をビットコインに割り当てるプランを含め、企業の401(k)プラン作成を助言するとしている。

プレスリリースで、DAiMは「2018年に認可を受けて以来、401(k)でビットコインに投資したいという需要を目にしてきた」と語る。

従来の401(k)プランは制限があり投資の選択肢に欠けていたため、不満の種となるだけでなく、リスクが調整され、インフレ率に負けない程度の見栄えのしないリターンとなっていた。

投資されたビットコインは、米国の暗号資産(仮想通貨)取引所Geminiを運営するGemini Trustがコールドストレージで管理する。

401(k)プランやIRAなどの確定拠出型年金は米国で広く一般的に活用されており、米国民の投資経験の一角を占めている。ビットコインに対しても大きな資金流入の入り口となる可能性がある。

年金や政府ファンドからの資金流入があれば仮想通貨はもっと価格上昇すると言われています。

これから色んな資金が仮想通貨に入ってきそうですね。

チャート分析

チャート下の赤いグラフは相関性を表しています。

1.0なら相関しており、-1.0なら逆相関の関係にあると示しています。

Bitcoin

持ち合いなしに上昇してすごいねこれ。

目立つレジスタンスも節目の19000・18000ドルと言った感じで、それらもあまり抵抗感強くない模様。

移動平均線との乖離も大きくなってきたので、下落しそうに思いますがどうでしょう。

現在明確に上昇トレンド。

レジスタンスであろう節目の価格を超える時、陽線で出来高も増加しているので上がる勢いがあります。

移動平均線を割らずに推移もしているのでかなり強いトレンドです。

ここから下落するにしても、来週トレンドラインまで落ちることは考えられないかなと思います。

考えられるのは、移動平均線・16000ドル。

出来高は増加しているのですが、デカイ出来高のとき僅かに下がってきているのも調整がありそうに思えるポイントです。

現在S&P500は下落していますが、Bitcoinは高い相関性にはない為、米国株市場の下落影響は限定的。

逆の見方をすれば、米国株市場のヘッジとして相関してないBitcoinを買っている可能性もあります。

株式市場との動きも併せて注目していきます。



Ethereum

高値越えられないかなあーと思ってましたが、Bitcoinの上昇につられる形でブレイクしました!

500ドルの節目の価格帯と言う事もあり、出来高も増加しています。

買いの圧力が強い事を示しており、高値更新と併せた強いトレンド。

Bitcoinと比較してもまだ上昇の余地がありそうなので、個人投資家からも注目されるのではないかと考えています。

まずレジスタンスは600ドルと考えられます。

サポートは500ドルと移動平均線。

Bitcoinとの相関性がつよいので、Bitcoinが下落したらEthereumも釣られて下落する事が想定できます。

しかしまだEthereumはBitcoinに比べたら過小評価されているし、過熱感もそこまで高くないと思っています。

今後が楽しみなコインです。



Ripple

Rippleの盛り上がりを知ったのはTwitterのトレンドで知りました。

なに⁉︎トレンド入りなんて!爆下げ⁉︎

と思ってチャート開いたら、

なにこれ⁉︎

ちょークレイジーだね!

暗号通貨で時価総額3位のRippleがこんな仕手株みたいな動きする事には驚きましたら。

これが上昇だからいいけど、下落だったらと思うと恐ろしいです。

かなり上昇なので、トレンドは上昇へと変わりました。

レジスタンスは0.5・0.56付近・0.6ドル。

1日で流石に上がり過ぎなので調整売りはあると思います。

記事を書いてる現在で意識された0.4・直近高値の0.33。

30分足の移動平均線も直近で意識されていたので、サポートになるかもしれません。

また、0.45ドルもサポートとレジスタンスとして意識されるか価格と見ています。

まとめ

今まで過小評価されていたRippleがBitcoinに追いつきました。

Ethereumが少しアウトパフォーマンスかなと言う感じがします。

ここからどこまで調整下落するのか楽しみです。

その後は下落で買う勢いによる上昇が来ると見ていますが、ご覧の皆さんはいかがですか?

また株式市場との関係も注目していきます。

↓先週の株式市場についてのまとめています↓

2020.11/16〜20 日経・S&P500・VIXのチャート分析と来週の相場戦略 みなさんこんにちは、そしてこんばんは。 TK7です。 今週1週間のマーケットがどう動いたのか、日経・S&P500・...

ビットコインの積立投資ならcoincheck

コインチェック

GMOインターネットグループ(東証一部上場)の【GMOコイン】

国内No. 1と認められた鉄壁セキュリティ bitbank

bitbank

秘密キーを完全にオフラインで保管することが可能なLedger NanoS



BitcoinやEthereumにRippleの仮想通貨について、今後上昇する事が期待されています。仮想通貨に興味があったらご覧下さい。

仮想通貨取引口座が1つだけでは勿体ない!用途によって口座を使い分けよう! みなさんこんにちは、そしてこんばんは。 TK7です。 本記事は僕が使用している又はオススメの仮想通貨取引口座になります。 ...

この記事が参考になったり面白いと思って頂けましたらランキングへのクリックお願いします。 にほんブログ村 株ブログ 株式投資情報へ

本記事はここまでになります、ご覧頂きありがとうございました。

ABOUT ME
TK7
投資本を100冊以上読み込み株式投資を勉強するも5回退場。 そんな僕でも少しずつ資産形成が出来るようになりました。 短期トレードや長期投資などの資産形成に役立つ情報を提供していきます。

にほんブログ村 株ブログ 株式投資情報へ
ブログランキングの応援クリックお願いします!

お金を作る1番早くて確実な手段は、自己投資して自分自身のスキルアップさせる事です。

新たな分野を学ぶことで副業や転職による収入アップ、将来的に独立して起業するためのチャンスが生まれます。

デジタル化が進むグローバル時代に身に付けておきたいスキルを厳選しました、画像をクリックして一度ご覧になってみてください。