普段使える健康の知識

水を飲むメリット

みなさんこんにちは、そしてこんばんは。

TK7です。

8月も早いもので終わりが近づいています。

猛暑が続き熱中症対策で水分補給をしている事と思います。

何気なく飲んでいる水ですが、メリットが多い事をご存知でしょうか?

本日はいつも当たり前に飲んでいる水のメリットと、どのタイミングで飲めば良いかをまとめましたので是非最後までお付き合い下さい。

株&CFD仮想通貨

Twitterでブログ更新やその時の感情や思ったことをtweetしていますので是非フォローしてみてください→→→TK7Twitter

そしてTK7ブログの最新記事を見逃さない為にもブックマークの登録よろしくお願いします。

ランキングしてます、良かったらクリックしてねにほんブログ村 株ブログ 株式投資情報へ

水を飲む必要性

 水は私たちの体にもっとも多く含まれる物質で、生命活動をサポートしています。成人の体の55~60%を水分が占めています。主に脳、腸、腎臓、筋肉、肝臓などの臓器・組織中の水分含有量は80%と比較的多いです。しかし、脂肪組織(皮下組織)は中性脂肪が多いので、水分含有率は約33%と低いです。

女性は男性に比べると脂肪量が多いため、水分含有率は約55%と少ないです。また、肥満者は痩せの方よりも体水分量が少ないです。さらに高齢者は加齢とともに実質細胞数が減るため、成人よりも水分含有量が減り約50%です。

何もしてなくても人の体から水分が蒸発している

栄養素は食事摂取基準によって摂取量が決められていますが、水に関して基準値は設定されていません。しかし人の体にとって水は欠かせません。

 水には口から飲む飲料水、食べ物の中に含まれる水の「摂取される水」と、体内で栄養素がエネルギーになるときに生成される「代謝水」があります。それらの摂取される水と代謝される水の総量は1日約2,400mlです。内訳は飲料水から約1,000ml、食事から摂取する水は約1,100ml、代謝水は約300mlです1)

また、摂取した水分は尿、便や皮膚および呼吸から自然に蒸発している水分である不感蒸泄を含め1日約2,400ml排泄されています。尿量は約1,500ml、便は約100ml、呼気は約300ml、汗は約500ml排泄されます1)

人の体は1日の水分出納を平衡に保っているため、水分摂取量で尿量が調節されます2)。夏のように暑く汗を大量にかくときは、その分の水分補給が大切になります。のどの渇きを感じた時はすでに、脱水が始まっている状態です。

無料宅配・レンタル0円・ウォーターサーバーならコスモウォーター

水を飲まないとどうなるか

人の体は食べ物がなくても、水さえあれば1ヶ月近く生きることができます。しかし、水が1滴も飲めないと、2~3日で生命維持は困難となります。

 体から水分が1%の損失で、のどの渇き、2%の損失ではめまいや吐き気、食欲減退などが現れます。そして10~12%の損失では筋けいれん、失神、20%の損失では生命の危機になり、死に至ってしまいます。

体の水分が不足すると、熱中症、脳梗塞、心筋梗塞など、さまざまな健康障害のリスクの要因にもなります1)

長寿科学振興財団より引用

水を飲むメリット 健康&美容

ストレスや不眠の解消

水には、リラックス効果(鎮静効果)がありますので、ストレスや不眠に悩んでいる人にとって重要です。


たとえば、イライラした際、人の体温は上昇し、汗をかくことで水分が不足します。また、ストレスなどが原因で血中ナトリウムが増えて、血圧が高くなることも。

そんなとき、コップ1杯の水を飲めば、水分不足を解消したり血中ナトリウム濃度を安定させたりして、イライラやストレスの解消になるでしょう。

疲労回復

水分不足で血流が滞っていると、体内に酸素や栄養素をスムーズに運ぶことができません。それが疲労の蓄積にもつながります。水分を意識的に摂取して血液をサラサラにすることで、疲労の回復が期待できます。

また、運動前に水を飲んでおくことで疲労を遅らせたり、回復を早めたりする効果が期待できます。

むくみの解消

むくみは、身体の末端まで血液やリンパ液が上手く循環していないのが理由。血液やリンパ液を滞らせず、スムーズに循環しないのは体内の水分量の不足が原因です。つまり、むくみの原因は水分不足が大きく関係しています。

水を積極的に飲むことで、血液やリンパ液の巡りを良くして、むくみの解消が期待できます。ここでおすすめなのが、カルシウムと、デトックス効果などがあると言われているミネラル成分”サルフェート”を含む硬度120mg/ℓ以上の硬水を摂取すること。サルフェートは国内産の硬水にも含まれていますが、特に海外産の硬水に多く含まれています。

カルシウムには血管を柔らかくする効果が、サルフェートには老廃物を排出する効果があるので、体内の水分量を増やし、循環をスムーズにさせるには最適です。ただし、硬度300㎎/ℓ以上の硬水だと利尿作用が強くなり、結果として体内の水分量を減らすことになってしまうので注意しましょう。

便秘の解消

便秘の解消に効く代表的なものと言えば「食物繊維」ですが、実は水も効果的。便が硬いことが便秘の原因になっている場合、単純に便の水分量を多くすれば、便秘が解消する可能性があります。

水分を含んで軟らかくなった便は出しやすいので、腸の動きが鈍っていても排便できる可能性は高いです。注意点として、1度にたくさんの水を飲むと、吸収されない分が尿になって排出されてしまいます。こまめに水を飲む習慣をつけると良いですね。

ダイエット効果

常温の水をこまめに飲むことで、ダイエット効果が得られるとも言われています。水を飲むことで体が温まり、代謝がアップするからです。

また、水を飲むことで老廃物の排出を促したり、一時的ではありますが空腹感を抑制したりする効果もあります。むくみや便秘の解消も期待できるので、体重だけでなく見た目のすっきり感にもつながるでしょう。

ダイエット目的で水を選ぶなら、不足しがちなミネラルなどを補ってくれるので、含まれているミネラルが少ない軟水よりもミネラルを多く含む硬水がおすすめです。ただし、硬度が高くなるにつれて飲みにくさや内蔵への負担も増すため、硬度120mg/ℓ以上の硬水の中から飲みやすく、自分の体調に合ったものを選ぶと良いでしょう。

アンチエイジングによる美肌効果

「むくみの解消」の項でも述べたように、体内の水分量が不足すると血液の流れが悪くなってしまいます。血液の流れの悪さによって新陳代謝が悪くなり、ターンオーバーが正常に働かなくなるという症状が引き起こされることも。

水をしっかりとって体内の水分量を補えば、血液が循環して身体の老廃物がしっかり排出されることにより、新陳代謝が活発になることが期待できます。新陳代謝が活発になればお肌のターンオーバーも正常になるので、角質だらけのこわばった肌が改善され、身体の内側から美肌を目指すことができるのです。

うるのんより引用

まとめ

私達の体内の水分は尿、便や皮膚および呼吸から自然に蒸発している水分である不感蒸泄を含め1日約2,400ml排泄されています。

普段から2,400mlの水分を排泄しているので、夏場汗かいたときにはその分の水分摂取の必要があります。

水を飲むメリットは多数あり、

  • ストレスや不眠の改善
  • 疲労回復
  • むくみの解消
  • 便秘の解消
  • ダイエット効果
  • 美容効果

があるとされています。

結構多いですよね。

透明な液体を飲む事で得られるメリットが多く、調べていて自分でも炭酸飲料やアルコールではなく水を意識して飲もうと思いました。

無料宅配・レンタル0円・ウォーターサーバーならコスモウォーター

この記事が参考になったり面白いと思って頂けましたらランキングへのクリックお願いします。 にほんブログ村 株ブログ 株式投資情報へ

株&CFD仮想通貨

本記事はここまでになります、ご覧頂きありがとうございました。