チャート分析

日経・ダウ・金・原油のチャート分析 2020.6.2週目

みなさんこんにちは、そしてこんばんは。

TK7です。

本記事は2020年6月2週目の日経平均株価・ダウ平均株価・ゴールド・原油のチャート分析と来週の戦略を考察しました。

日々チャート分析をすることによって分析力や相場間の向上を目指していきます。

更に皆様に有益な情報共有になれば幸いです。

株&CFD仮想通貨

Twitterでブログ更新やその時の感情や思ったことをtweetしていますので是非フォローしてみてください→→→TK7Twitter

そしてTK7ブログの最新記事を見逃さない為にもブックマークの登録よろしくお願いします。

ランキングしてます、良かったらクリックしてねにほんブログ村 株ブログ 株式投資情報へ

日経平均株価

今週も日経平均株価上昇!

予想的中でした。

先週の日経平均株価チャート分析はこちら

しかし水木と上値の重さを感じる動きをしたので、ここで惑わされた人も多かったのではないかと思います。僕ですフルボッコにされました

23000円のレジスタンスで上値を抑えられている状態。

ここで下落になるのかと思いましたが、NYタイムで先物が23000円を超えてきました。

月曜日23000円超えてスタートするのはほぼ確定かと思います。

上昇により4時間足で引けるトレンドラインに再度復帰します。

それにより上昇する強さとサポートの強固な意識が持たれると思います。

かなり異常な上昇ですが、この上昇を疑わず買いで持つのがいいかと思います。

相場の流れが去年のバブル相場と同じ感じがします。

上昇しかしないので、売ってもひたすらに損失を抱えるので精神衛生上も良くない。

トレンドに乗るのがベストです。僕が逆らって損切りしまくりましたので

が!!!

かなり高値なのでレバレッジ管理はしっかり!

押し目の下落で退場にならないように、レバレッジ管理した上でエントリーするようにしてください。

レジスタンスは24000円・25000円。

サポートはトレンドライン。

ダウ平均株価

ダウもかなりの強さを見せる1週間となりました。

金曜日なんて829ドルの上昇ともうなんだかわかりません。

とにかく買いで持ってる人はハッピーなのは間違いありません。

ダウも4時間足でトレンドラインが引けます。

下落懸念が出るときは、トレンドラインのブレイクアウトした時だろうと考えています。

それまでは買い目線。

押し目で安い位置で買いたいのなら、トレンドラインタッチ付近で買い仕掛けるのがいいと思います。

あとは27500ドルを超えられるのかに注目してます。

この価格は今考えられるレジスタンスとして結構意識されるのではないでしょうか?

レジスタンス 27300〜27500ドル。

サポート トレンドラインと25000ドル。

ゴールド

上昇しなかったーーー。

予想ハズレ。

恐らくは株価の大暴騰により資金がゴールドではなく株式市場に流れた為と思われます。

その証拠に雇用統計が予想よりはるかによかったのですが、株価大暴騰してる中でゴールドは下落しました。

株価上昇してるからゴールドが下がるのはわかります。

株価上昇してるのにゴールドも上昇してたのはなんだったんだー。

僕はそれについては、特に意味はないと思ってます。

単純にテクニカル的な期待で買われただけだと考えてます。

なので株とゴールドの逆相関を短期トレードで落とし込むのは絶対的ではない事を今回学びました。

先週予想した1680ドルで前回のトレンドラインがサポートになっている事もあり下げ止まりました。

下げ止まらず下落する可能性を考えます。下落トレンド懸念

ここから上昇した場合、下落のトレンドラインがレジスタンスになります。

ブレイク出来なかったら下落。

ブレイクしたら上昇。レンジ相場続く想定

動きはテクニカル的で想定し易いのかなと考えてますが、甘いですか?

レンジ相場がまだ続くのか下落トレンドになるのかですね。

レジスタンスはトレンドライン。

サポートは1680ドルとトレンドラインのサポート機能。

逆相関を考えると、株がまだ上昇するならゴールドは高値更新出来てないし下落トレンド入りも考えられますよね。

原油

上昇予想的中!

そして36〜36.2ドルの価格意識もあたってました。

原油を買いで入ってた人はひたすらに儲かった相場になりましたね。

逆に売りで持ってた人はひたすら損失抱えるので、買い戻すショートカバーも入っていると思います。

恐らくこのトレンドラインの引き方みんな意識していると思います。

何故なら綺麗にタッチ後反発しているので。

4時間足で見た時、チャネルを形成しています。

このチャネルライン内で動くのであれば上昇。

レジスタンスブレイクした時も更なる上昇。

しかしチャネルサポートを割ったら下落意識が強まると考えています。

チャネルラインを基準に考えてトレードするのが、今の原油相場はわかりやすくなるのではないでしょうか?

チャネルが上向きなので上昇優位、来週も上昇目線ですが、サポートブレイクには気をつけましょう。

サポートはトレンドライン・36・34・32ドル。

レジスタンスはチャネルラインのレジスタンス。

原油はチャネルのレジスタンスを抜けると、目立つレジスタンスがないのでどこまでも上昇していきそうな気配があります。

レジスタンスブレイクした際に無理な空売りは気をつけた方がいいと思います。

この記事が参考になったり面白いと思って頂けましたらランキングへのクリックお願いします。 にほんブログ村 株ブログ 株式投資情報へ

株&CFD仮想通貨

本記事はここまでになります、ご覧頂きありがとうございました。