普段使える健康の知識

いつ衣替えしたらいいの?タイミングと歴史 夏服から秋冬へ

みなさんこんにちは、そしてこんばんは。

TK7です。

9月の半ばになってから蒸し暑い日々が少なくなり、特に朝晩は涼しさを感じはじめました。

人によっては寒さを感じると思いますが、衣替えはされましたか?

僕は衣替えをいつしようかと結構迷うタイプなので、何か衣替えの目安があれば参考にしようと思い調べてみました。

是非最後までお付き合いください。

株&CFD仮想通貨についてはこちら。

Twitterでブログ更新やその時の感情や思ったことをtweetしていますので是非フォローしてみてください→→→TK7Twitter

そしてTK7ブログの最新記事を見逃さない為にもブックマークの登録よろしくお願いします。

ランキングしてますのでクリックしてねにほんブログ村 株ブログ 株式投資情報へ

出典 Wikipedia 気象庁 lidea weathernews coin laundry

衣替えとは

衣替え(ころもがえ)は、季節の推移に応じて衣服を替えること。また、そのために衣服の収納場所を変更することも指す。衣更え・更衣とも表記する。

そんなの知ってるよ!って思った方!

実は衣替えの歴史は古いことをご存知ですか?

衣替えは平安時代からおこなわれていた

衣替えの習慣は、平安時代の宮中行事から始まった。 中国の風習に倣って旧暦の4月1日および10月1日に夏服と冬服を着替えると定め、これを「更衣(こうい)」と呼んだ。

しかし、天皇の着替えの役目を持つ女官の職名も更衣と言い、後に天皇の寝所に奉仕する女官で女御(にょうご)に次ぐ者を指すようになったので、民間では更衣とは言わず衣替えと言うようになった。季節による取り替えは衣服以外についても、女房(貴婦人)が手に持つ扇も冬は桧扇(ひおうぎ=ヒノキ製)、夏は蝙蝠(かわほり=紙と竹製の扇)と決められていた。

鎌倉時代になると、更衣は衣服だけでなく調度品 までとり替えることを含むようになった。

衣替えは季節の変わり目なので行われていますが、昔から日本人が行ってきた文化とも言えます。

すこし衣替えを深掘りしたところで、いつ衣替えするのがいいのか見ていきます。

夏服から秋冬服に衣替えするタイミング

昔の日本は4月1日と10月1日に衣替えをしていました。

しかし今は月で決めるのではなく気温で決めるそうです。

Lidea(リディア)の調査では、秋の衣替え時期のピークは「9月2週目〜10月の1週目」。

また、2019年秋にウェザーニュースアプリ内で行った調査から、最低気温が20℃を切ると約5割、18℃で約6割の人が半袖から長袖に移行することがわかりました。

秋の衣替えに向けて、長袖を着用し始めたり、衣替えの意識が高まるタイミングについて、株式会社ウエザーニューズとともに調査した結果、最低気温が「20℃」を切ると約5割、「18℃」で約6割の人が半袖から長袖に移行することがわかりました。

気候の異なる日本では、衣替えを意識するタイミングも9月1日~12月1日まで、約3ケ月の差が出るんですね。

毎日の最低気温をチェックして、「20℃を切ったら衣替えの準備、18℃を切ったら衣替えの時期」と考えると、準備から完了まで無駄なく計画できるのではないでしょうか。

しかし9月は最高気温と最低気温の差が大きい月であることが気象庁のデータから分かっています。

その為、18℃を切ってきたら衣替えを始めて、着て行く服選びは最高気温に適した衣服が良いのではないかとされています。

寒さに弱い方などは、カバンをお持ちでしたら薄手の長袖等の服を入れておく事もオススメです。

最高気温が平均して15℃以下の時期になったら、寒さを感じるので冬物のセーターなどに衣替えをするとよいです。また、平均最高気温が10℃以下になったらコートやマフラーなどが必要になってきます。

まとめ

  1. 衣替えは平安時代から日本で行われている
  2. 最低気温18℃を下回ったら秋冬服へ衣替え
  3. 9月は暑い日もあるので出かける時の服選びは最高気温を見て適した服を選ぶ

これを意識するだけで衣替えを迷わず行えるようになります。

気温はあくまで目安なので、寒さに弱い人は18℃ではなく20℃下回ったら衣替えするなど自分の身体に合った服装選びも必要です。

僕も以上の事を調べて衣替えする気になったので、時間を作ってはじめていこうと思います。

この記事が参考になったり面白いと思って頂けましたらランキングへのクリックお願いします。 にほんブログ村 株ブログ 株式投資情報へ

株&CFD仮想通貨について。

本記事はここまでになります、ご覧頂きありがとうございました。