仮想通貨

上昇に向けた持ち合いか⁉︎ 2021.2/28〜3/7 Bitcoin・Ethereum・Rippleチャート分析

みなさんこんにちは、そしてこんばんは。

今週1週間、Bitcoin・Ethereum・Rippleがどの様に動いたのか振り返っていく記事になります。

本記事をご覧いただくことにより、Bitcoin・Ethereum・Rippleのサポートとレジスタンスが何処なのかと言ったチャート分析や意見を知ることができます。

実際に僕自身もポジションを保有しています。

その為ポジションを持っていないアナリストなどとは違い、リアルに本気の分析ができます。

更に、分析を続けることにより分析力の向上を目指して皆様と共有していきます。

是非最後までお付き合いください。

ランキングしてます、良かったらクリックしてねにほんブログ村 株ブログ 株式投資情報へ

TK7ブログの最新記事を見逃さない為にも、是非ブックマーク登録よろしくお願いします。

↓僕も使っている安全な仮想通貨取引所↓

仮想通貨取引口座が1つだけでは勿体ない!用途によって口座を使い分けよう! みなさんこんにちは、そしてこんばんは。 TK7です。 本記事は僕が使用している又はオススメの仮想通貨取引口座になります。 ...

投資は自己責任でお願いします。

Amazonのブロックチェーンでイーサリアムネットワークが接続可能に

出典cointelegraph

Amazonは、同社のAWSブロックチェーンサービスである「アマゾン・マネージド・ブロックチェーン(AMB)」でイーサリアムが利用できるようになったと発表した。

AWSによると、ユーザーはAMBを介してイーサリアムのテストネットワークであるRopstenとRinkebyやイーサリアムブロックチェーンのメインネットに接続できるという。

さらにAMBは「ノードの健全性を監視し、不健全なノードを交換し、イーサリアムソフトウェアのアップグレードを自動化することで、イーサリアムインフラの利便性を向上させる」とした。

特に「DeFiアプリケーションだけでなく、スマートコントラクトのモニタリングツールや不正検知ソフトウェアなどを構築する際」に有用になるという。

AWSは2019年4月にAMBを発表。当時の発表で、AMB内にブロックチェーンネットワークを設定し、イーサリアムとハイパーレジャーのオープンソースフレームワークを利用できるようになるとしていた。

Amazonは現在CEOを務めるジェフ・ベゾス氏が今年第3四半期にCEOを退任すると発表している。後任にはAWSを率い、ブロックチェーンサービスの責任者を勤めていたアンディー・ジャシー氏が就任する。

イーサリアム来ましたね!

ついにAmazonも仮想通貨を利用できる様にしてきました。

AWS(アマゾンウェブサービス)は各企業や国家も使用している為、ここでイーサリアムが利用されるとなればイーサリアムが無くなるリスクが減りなくてはならない仮想通貨になるのではないでしょうか。

未だに仮想通貨が使われない為に価値がなくなるリスクがあります。

各企業が仮想通貨を利用できる様なサービスを展開すれば、利用されないと言ったリスクがなくなるので長期投資としてリスクが減ることになり安心できます。

Amazonが仮想通貨を利用できるサービスを展開すれば、ライバル企業も着手してくることが考えられますので、更なる仮想通貨の利用普及に期待できます。

チャート分析

チャート下の赤いグラフは相関性を表しています。

1.0なら相関しており、-1.0なら逆相関の関係にあると示しています。

Bitcoin

先週の分析で言っていた、44000ドルがサポートになっているのがわかります。

ここまで強いサポートになるとは思ってなかったので意外ですが、月曜日に上昇を見せているので44000ドルのサポートは本物であると言えます。

しかし52000ドルがレジスタンスになっています。

移動平均線を超えて来れば上がると考えていましたが、どうやら違ってきた様です。

今後は44000〜52000ドル間の値動きで、どちらをブレイクするかによって動きが決まります。

出来高が少ないのでマーケットも迷っている様に見えます。

ローソク足の細かい動きを見ると、移動平均線を割ると買われて下ヒゲになっています。

移動平均線より下がれば買いたい人がいる。

この動きは50000ドルのレジスタンスを信用して空売りしてる人からしたら値幅のあまり取れない動きとなるので、デイトレ程度で利益確定の買いを入れてる事になります。

スイングで売るには、移動平均線以下で買われて下ヒゲになる動きはあまりおいしくない動きです。

つまり、52000ドルを越えればショートカバーを巻き込み上昇すると考えます。

52000ドルを越えれば、直近高値の58000ドルがレジスタンス。

44000ドルを割れれば40000ドルがサポートになります。



Ethereum

1414ドルを割れた時は「終わった…」と思いました。

1300ドルと大きく下落したので、もうダメかと思いましたが価格帯出来高が増える価格帯であった為か買われて再び1414ドルの平行ラインがサポートになりました。

その後は移動平均線をレジスタンス意識するも、1500ドルがサポートになり現在は移動平均線を超えています。

1414ドルの平行ライン・1500・1400・1300ドルのサポートが確認できますので、今後も意識されます。

出来高が少ない訳ではなくある程度あるので、下げ止まりで買われていると見ています。

サポートが直近でいくつもあり移動平均線を超えたことにより、上昇しやすくなっていると考えています。

レジスタンスの1700ドルをブレイクして来れば、2000ドルの高値更新へ向けた上昇に期待できるのではないでしょうか。

ビットコインと相関性が高く、ビットコインも上昇に期待が持てるチャートなのもポジションに働きそうです。

Ripple

リップルは足元の動きでビットコインやイーサリアムに比べたら下がる勢いが弱い様に見えます。

0.4ドルと移動平均線のサポートが機能している事がわかります。

2月にも移動平均線と0.4ドルがサポートになっているので、今後もサポートになり得る事でしょう。

リップルはここから上がるには平行ラインのレジスタンスが多くあります。

平行ラインがどの程度強いのか、引いておきながら少し微妙に思います。

何故なら、一気に上昇して抜ける時もあれば全然動かない時もあるリップルです。

0.5ドルはレジスタンスになる可能性は高いです。

0.56・0.65ドルも意識されるレジスタンスになると認識してマーケットに挑むのがいいのではないかと僕は思います。

注目なのはローソク足やチャートの形よりも、ビットコインとの相関性が急に上がった所です。

今の状況で行けば、ビットコインさえ上がればリップルもレジスタンスに関係なく上がる可能性が高い状態にあります。

そうなれば、微妙におもう0.47や0.51ドルの平行ラインはほとんど機能しないと思います。

まとめ

上昇に期待が持てる動きだと思いました。

特にイーサリアムは上昇に1番期待が持てます。

ビットコインは持ち合いの中にありますが、上昇ブレイクが優勢に見えてます。

ビットコインの上昇についていく形でリップルも上がる想定でマーケットに挑みます。

投資は自己責任でお願いします。

Twitterでブログ更新やその時の感情や思ったことをtweetしていますのでフォローしてみてください→→→TK7Twitter

この記事が参考になったり面白いと思って頂けましたらランキングへのクリックお願いします。 にほんブログ村 株ブログ 株式投資情報へ

ビットコインの積立投資ならCoincheck

コインチェック

GMOインターネットグループ(東証一部上場)の【GMOコイン】

国内No. 1と認められた鉄壁セキュリティbitbank

bitbank

秘密キーを完全にオフラインで保管することが可能なLedger NanoS

仮想通貨取引口座が1つだけでは勿体ない!用途によって口座を使い分けよう! みなさんこんにちは、そしてこんばんは。 TK7です。 本記事は僕が使用している又はオススメの仮想通貨取引口座になります。 ...

本記事はここまでになります、ご覧頂きありがとうございました。

ABOUT ME
TK7
投資歴5年以上。 投資本を100冊以上読んでマーカーを引き同じ本を2回以上読み込むが、5回口座溶かす。 そんな僕が最近少しずつ勝てる様になったので、何故勝てる様になったのか自己分析して共有していきます。 Money is Power