仮想通貨

ブロックチェーンNEWS

みなさんこんにちは、そしてこんばんは。

TK7です。

1/12〜15までの気になるブロックチェーンNEWSについてまとめた記事になります。

色んなサイトや記事を見なくても、本記事を読めば今週のブロックチェーンNEWSに目を通せます。
良かったらご覧ください

Twitterでブログ更新やその時の感情や思ったことをtweetしていますので是非フォローしてみてください→→→TK7Twitter

そしてこのブログ最新記事を見逃さない為にもブックマークの登録よろしくお願いします。

米CME、 仮想通貨ビットコインのオプション取引 「初日の結果に満足」【ニュース】

マックコート氏は公開翌日14日にインタビューで、公開1日目の結果に「非常に満足」だと述べた。「昨日のオプション契約は全部で55件で、275ビットコイン相当。各オプションは1つの先物で、CMEでは1つの先物が5ビットコイン相当。つまり想定元本200万ドル(約2億2000万円)超だ。素晴らしい」取引期限は、契約月の最終金曜日のロンドン時間午後4時。CME CFビットコイン参考基準レート(BRR)を採用する。

コインテレグラフ

JPモルガンのアナリスト、CMEのビットコインオプションに「大きな期待かかっている」|建玉が増加【ニュース】

JPモルガン・チェースのアナリストグループは13日(現地時間)から開始される米シカゴ・マーカンタイル(CME)のオプション取引が始まると、価格に大きな影響を与えるかもしれないと予測している。過去数日間で「CME先物契約のアクティビティが段階的に増加している」と指摘した。年初から建玉が69%増加するなど、建玉保有者が大幅に増加しているという。「過去数日間のこの異常な活動はオプション取引への高い期待を反映している可能性が高い」先月にはインターコンチネンタル傘下のバックトがビットコインのオプション取引を立ち上げている。

コインテレグラフ

ビットコインの採掘難易度、過去最高を更新 強気相場再開なるか【仮想通貨相場】

ビットコインの採掘難易度は、10分に1回のブロック生成を維持するため2週間ごとに変更される。一般的に、ネットワークに参加するマイニングのパワーが小さければ下がり、ネットワークへの参加が増えれば上昇する。仮想通貨アナリストのウィリー・ウー氏は6日、ビットコインの先行指標とも言われるライトコインの採掘難易度が上昇していると指摘し、ビットコイン強気相場の再開を予想した。ビットコインの採掘難易度の調整があり前回比8%増の14兆8000億Tを記録。過去最高を更新した。採掘難易度は昨年10月末に直近の高値をつけてから低迷が続いていたが、マイニングに必要な計算力ハッシュパワーの上昇を受ける形で、今年に入って急激に上昇している。

コインテレグラフ
スポンサーリンク



ビットコインの本質価値 仮想通貨採掘コストから算出=JPモルガンアナリスト

採掘コストから算出したビットコインの本質価格の分析結果を発表。JPモルガンの公開したデータによると、ビットコインのマイニングに投入される計算リソースや電力からその本質的な価値を算出しており、現在もBTC価格が本質的な価値を上回っていることから下振れリスクを抱えているとPanigirtzoglou氏は分析している。チャートによると、乖離が見られていたのは、2017年のバブル期以来。2018年は1年を通して採掘コストから算出した本質価値に沿った価格推移を継続している。一方で、2019年の4月から高騰したビットコイン価格は未だ本質価値より高値で取引されているとことを、比較チャートは示しているという。Panigirtzoglou氏は年末からCMEビットコイン先物の建玉が69%増加している点がこのオプションへの期待感を示していると指摘、以下のようにコメントしている。この数日間の普通でない建玉の増加は(13日開始の)オプション取引への市場参加者の強い期待を反映している可能性が高い

コインポスト

ベネズエラのインフレ率、去年大幅に鈍化|仮想通貨ビットコインの取引高は過去最高を更新【ニュース】

ハイパーインフレーションに苦しむ南米のベネズエラは、13日、2019年のインフレ率が7374.4%だったと発表した。2018年の約170万%から大幅に鈍化した形となった。ベネズエラは法定通貨のボリビアに対する信用が低下しており、ビットコインなどの代替資産への投資が増えている国として注目されている。インフレ率の「鈍化」とは裏腹に、ベネズエラにおけるビットコイン取引高は急増。今月11日までの1週間で過去最高となる約366億7000万ボリビアを記録した。

コインテレグラフ

ビットコイン VS. 金 グーグル検索ランキング(1月15日)

過去1週間の仮想通貨ビットコイン(BTC)のグーグルトレンド関心値は平均11である一方、金は56だった(検索数のピーク=100)。前週比でビットコインは2ポイント増加。金は7ポイント減少だった。ビットコインは、一部では安全資産としての金の役割に取って代わる「デジタルゴールド」と考えられている。

コインテレグラフ
スポンサーリンク



リップル提携先のマネーグラム、インド進出【ニュース】

リップルと提携関係にある米送金事業大手マネーグラムがインドに進出する。マネーグラムが13日に発表した。マネーグラムはインド進出にあたり、インドの送金業社エビックスキャッシュ(Ebixcash)と独占で提携。エビックスキャッシュが持つ顧客網を使って、インドにいる数百万人の顧客をターゲットにする。エビックスキャッシュは、米株式市場ナスダックに上場するエビックスの完全子会社。7万5000以上の村、4000の都市、768地区に渡って32万の供給網を持っているという。マネーグラムは、XRPを使った決済サービス「ODL(On demand liquidity、旧xRappid)の使用で注目されている。昨年11月、これまでメキシコへの送金の10%をODLを介して送金したことを明かした。

コイングラフ

仮想通貨ステラのブロックチェーンを使うタイのスタートアップ、約34億円調達 | 日本のセブン銀行などアジア企業が出資【ニュース】

タイ・バンコクに拠点を置くライトネットは、仮想通貨ステラのブロックチェーンをベースにしたプロダクトを開発している。ビジネスインサイダーマレーシアの報道によれば、シンガポールのユナイテッド・オーバーシーズ銀行や韓国のハンファ・イベントストメント、日本のセブン銀行などが資金調達に参画した。東南アジアでのクロスボーダーペイメントを促進するため、3120万ドル(約34億円)を調達した。日本のセブン銀行のほか、シンガポールでブロックチェーン投資を行うシグナム・キャピタル、香港に拠点を置く投資持株会社ユニ・プレジデント・アセットも参加している。ユニ・プレジデントは台湾や中国、フィリピンでスターバックスやセブンイレブンの店舗を展開している。ライトネットは、東南アジアの中で銀行間決済に使われるSWIFTのようなシステムを立ち上げようと計画している。同氏によれば、ASEAN内の人口の70%がいまだに金融取引に現金を使うかアンバンクの状況にあるとし、「SWIFTはこれらの人に触れることができない」と語った。現在のSWIFTは銀行口座のみに焦点を当てている点が問題であると指摘し、ライトネットではウォレットなどを使った相互運用可能なネットワークを構築すると語った。同氏は、ライトネットのネットワークの最初のトランザクションを20年1月末までに完了するとコインテレグラフに述べた。

コインテレグラフ

北京政府のブロックチェーンアプリ、500万ダウンロード達成 APPで身分証明・公共料金支払いなど

中国・北京政府のブロックチェーンを活用したモバイルアプリ「Beijing Tong」が、500万ダウンロードを達成し、チェーンでつながる役所の数が1000を超えたことが分かった。本アプリの1日の利用回数が8万回を記録したことも公表し、「現在まで、4つの機密部門を除き、北京政府60部門の1000超の役所がブロックチェーンでつながっている」「Beijing Tong」の目的は、スマートガバナンスを推進し、北京市民への公共サービスを効率化することだ。本システムは、政府の様々な部署から集められたデータを記録し、改ざんされないようにするとPan氏は説明。本アプリを利用することによって、ユーザーは政府発行の身分証明書の保存、郵便番号検索、料金の支払い、役所への訪問予約などを行うことができる。Baiduの検索サービス、メッセージアプリWechat、決済アプリAlipayなどのアプリケーションとも連携している。インターネットサービスと公共サービスを組み合わせるために開発された市民目線のアプリであり、ウェブサイト、またミニプログラムの機能を備えているとPan氏は説明した。

コインポスト
スポンサーリンク



仮想通貨100%の未来都市 著名歌手AKONがセネガルと最終合意

米国で活躍する著名R&Bシンガー・実業家のAKON(エイコン)氏が、仮想通貨ですべてが動く未来都市を建設する覚書に正式に署名したことが分かった。「セネガルでAKON CITYの合意を確定したところ。将来あなた達を迎えることを楽しみにしている」とエイコン氏はツイート。この未来都市は「AKONクリプトシティ」と呼ばれ、独自の仮想通貨「Akoin」を日常取引に利用する、100%仮想通貨ベースの都市となる見込み。セネガル大統領によってエイコン氏に与えられた2,000エーカー(約8平方キロメートル)の土地を用地として利用する。「AKONクリプトシティ」は、根本的に新しい生活方法を見出すために、最先端のスマートシティ計画デザインと、日常の人間的なやり取りや、ビジネス取引を暗号化するための構想をブレンドするものだという。Akon Cityは長期にわたる事業だ。10年間をかけて、段階的に行っていくという。 2019年3月に建設を開始、第2段階は2025年になる予定である。

コインポスト

この記事が参考になったり面白いまた見て見よっかなとかイイねと思って頂けましたらクリックして頂けるとぼくの励みになりますし、沢山の方々に広まりみんなで幸せになりたいと思ってますので宜しければクリックお願いします。

にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ
にほんブログ村

本記事はここまでになります、ご覧頂きありがとうございます。