仮想通貨

ビットコインがついにウォール街に!20.11/29〜12/6 Bitcoin・Ethereum・Rippleのチャート分析

みなさんこんにちは、そしてこんばんは。

TK7です。

今週1週間のマーケットがどう動いたのか、Bitcoin・Ethereum・Rippleをチャート分析して来週はどのように動きそうなのかを考えていきます。

是非最後までお付き合いください。

↓先週のチャート分析はこちら↓

2021年1月リブラ発行か⁉︎仮想通貨急落!20.11/22〜29 Bitcoin・Ethereum・Rippleのチャート分析 みなさんこんにちは、そしてこんばんは。 TK7です。 今週1週間のマーケットがどう動いたのか、Bitcoin・Ethere...

ビットコインの積立投資ならCoincheck

コインチェック

GMOインターネットグループ(東証一部上場)の【GMOコイン】

国内No. 1と認められた鉄壁セキュリティ bitbank

bitbank

秘密キーを完全にオフラインで保管することが可能なLedger NanoS



BitcoinやEthereumにRippleの仮想通貨について、今後上昇する事が期待されています。仮想通貨に興味があったらご覧下さい。

仮想通貨取引口座が1つだけでは勿体ない!用途によって口座を使い分けよう! みなさんこんにちは、そしてこんばんは。 TK7です。 本記事は僕が使用している又はオススメの仮想通貨取引口座になります。 ...

Twitterでブログ更新やその時の感情や思ったことをtweetしていますのでフォローしてみてください→→→TK7のTwitter

そしてTK7ブログの最新記事を見逃さない為にも是非ブックマークの登録よろしくお願いします。

ランキングしてます、良かったらクリックしてねにほんブログ村 株ブログ 株式投資情報へ

投資は自己責任でお願いします。

ビットコインがついにウォール街に S&Pダウ・ジョーンズが2021年から仮想通貨インデックスを提供へ

出典 cointelegraph

S&Pグローバルとシカゴ・マーカンタイル取引所(CME)グループのジョイントベンチャー事業で、金融指数指数を提供するS&Pダウ・ジョーンズ・インデックス(S&P DJI)は、2021年に仮想通貨インデックスを始めると発表した。

3日のプレスリリースで、S&P DJIはビットコイン(BTC)とアルトコインを「新興の資産クラス」と表現している。S&P DJIはS&P500やダウ・ジョーンズ工業平均などを提供している。

ビットコインとアルトコインがウォール街の金融を直撃

S&P DJIは、米国のブロックチェーン・データ・プロバイダーであるLukkaと提携し、550種類の仮想通貨をカバーするインデックスを立ち上げる。S&P DJIのイノベーション・戦略部門のグローバル責任者であるピーター・ロフマン氏は、プレスリリースの中で「仮想通貨のようなデジタル資産は急速に新興の資産クラスになりつつあり、独立した信頼性の高い、ユーザーフレンドリーなベンチマークが求められている」として次のように述べた。

「この新興セクターの透明性を高めることに興奮している。この動きは、ウォール街がビットコインやその他のデジタル通貨を受け入れるという最新のコミットメントを示すものであり、機関投資家の関心の高さを強調するものだ」

さらにLukkaのロバート・マテラッツィCEOは、「S&P DJI との提携は、仮想通貨エコシステムと従来の金融サービスとの間のギャップを埋める、新たなマイルストーンとなった」と強調した。

等々投資資産としての価値が認められ始めてきたのではないでしょうか!

ファンドも仮想通貨をポートフォリオに組み入れる動きがありました。

今回の報道が本当になれば、ETFとして買えるのかな?

積み立て投資や株しかやらなかった人も注目され、買われることになるのかなと思います。

なにより、資産として暗号通貨が見られるようになるのかなと嬉しくなりました。

チャート分析

チャート下の赤いグラフは相関性を表しています。

1.0なら相関しており、-1.0なら逆相関の関係にあると示しています。

Bitcoin

18000〜20000ドルのレンジで値動き。

少し上がりすぎたので持ち合いになっているのか⁉︎そんな感じです。

下落する日もありましたが、18000ドルで買われているのでパニック売り等はなかったと思います。

ほとんど押し目なしの上昇をしたので、サポートに価格が来れば買われる相場になっているのかなと考えられます。

節目や移動平均線がサポート意識になりますが、現在の価格から近い位置にあります。

そのことから、来週は大きく動くというよりは持ち合いになるのではないでしょうか?

レジスタンスは20000ドルと2017年付近の価格帯から引いた平行ラインの19624付近の価格。

サポートは移動平均線・18000・17000・16400ドル。

米国市場との相関関係が低くなってきており、ダウが最高値更新した事により買う資金が株式市場に流れていると考えられます。

徐々にですが、相関関係が上がってきているので週後半米国市場が上がっている動きをすれば、Bitcoinも買われやすくなって高値更新する可能性もあると見ています。



Ethereum

Bitcoinとの相関関係が高いので、Bitcoinとほぼ似た動きになりました。

しかし出来高は多く値幅もBitcoinと比べて高いように見えます。

今はBitcoinより上昇していないアルトコインに注目がいっているのかもしれません。

その理由として、2017年の価格にまだEthereumは届いていません。

割安感があると思います。

レジスタンスは625ドル。

サポートは移動平均線と500ドル。

個人的にはBitcoinより今後の値動きが面白くなるのではないかと思います。



Ripple

RippleはBitcoinとの相関関係が少し低めです。

いきなり爆上げした事にもびっくりしましたが、少し独特な動きをするなと思います。

現在三角持ち合いのようになっているので、上か下かどちらに行くのか今後の注目ポイントです。

爆上げ後大きく下落することなく、持ち合って調整しているので上昇へ動くと思っていますがどうでしょうか。

陽線の日に出来高が減って院戦の日に出来高が上がっているところは一つ気になるところです。

大口に一気に売り込まれて急落するシナリオも考えなくてはいけません。

新興市場みたいな動きをするので驚かなくなりましたが、急騰急落は常に考えておく必要があります。

移動平均線割ってきたら危険かな〜。

まとめ

Ethereumは過去と比べて割安感があるので、今後も上昇には期待が持てると思います。

マーケット的には上昇後持ち合って押し目を作っている印象を受けますので、時間で上昇分を消化すると見ています。

下落する展開は考えにくく、来週持ち合いになると考えています。

懸念はBitcoinの出来高が下がっていること。

何もアクションが無ければ問題ないですが、売り込まれた時はパニック売りから大陰線になることも充分ありえますので、対応するための損切りなどは考えておきましょう。

↓先週の株式市場についてのまとめています↓

日経平均株価に警戒感でるが、S&P500高値更新!20.11/30〜12/4 日経・S&P500・VIXのチャート分析 みなさんこんにちは、そしてこんばんは。 TK7です。 今週1週間のマーケットがどう動いたのか、日経・S&P500・...

ビットコインの積立投資ならcoincheck

コインチェック

GMOインターネットグループ(東証一部上場)の【GMOコイン】

国内No. 1と認められた鉄壁セキュリティ bitbank

bitbank

秘密キーを完全にオフラインで保管することが可能なLedger NanoS



BitcoinやEthereumにRippleの仮想通貨について、今後上昇する事が期待されています。仮想通貨に興味があったらご覧下さい。

仮想通貨取引口座が1つだけでは勿体ない!用途によって口座を使い分けよう! みなさんこんにちは、そしてこんばんは。 TK7です。 本記事は僕が使用している又はオススメの仮想通貨取引口座になります。 ...

この記事が参考になったり面白いと思って頂けましたらランキングへのクリックお願いします。 にほんブログ村 株ブログ 株式投資情報へ

本記事はここまでになります、ご覧頂きありがとうございました。

ABOUT ME
TK7
投資歴5年以上。 投資本を100冊以上読んでマーカーを引き同じ本を2回以上読み込むが、5回口座溶かす。 そんな僕が最近少しずつ勝てる様になったので、何故勝てる様になったのか自己分析して共有していきます。 Money is Power