チャート分析

ドル円 ユーロドル ユーロポンドのチャート分析 2020.4.4week

みなさんこんにちは、そしてこんばんは。

TK7です。

本記事はドル円・ユーロドル・ユーロポンドのチャート分析と来週の戦略を考察しました。

日々チャート分析をすることによって分析力や相場間の向上を目指していきます。

更に皆様に共有する事で、利益への情報共有になれば幸いです。

先週通貨のチャート分析が出来なかった理由はこちら

株&CFD仮想通貨

Twitterでブログ更新やその時の感情や思ったことをtweetしていますので是非フォローしてみてください→→→TK7Twitter

そしてTK7ブログの最新記事を見逃さない為にもブックマークの登録よろしくお願いします。

にほんブログ村 株ブログ 株式投資情報へ

ドル円

107〜108円のレンジ相場で推移しています。

三角持ち合いになっているので、サポートタッチ後レジスタンスに向けて上昇する動きを考えていました。

しかし108円に上値を抑えられて全然上昇しません。

なんだかサポートを割りそうな感じが漂います。

サポートは107円と持ち合いのサポートライン。

レジスタンスは108円になっています。

サポートの方が数が多く、週足でも持ち合いになっていることから上昇してレジスタンスまで到達するのではないかと考えています。

今のところ安値切り上げでいるので、下落トレンドではありません。

持ち合いもまだ狭まっていない途中な位置なので、まだブレイクはしないんじゃないかなーと思います。

しかし突発的なファンダメンタルズなど起きれば、すぐ下にブレイクする事も大いにあり得ますので注意は必要です。

ユーロドル

レジスタンス到達後、大きくブレイクする事なく下落して来ました。

安値切り上げを見せるも、前回安値を更新。

高値切り下げがしっかり見られ、再び下落のチャネルラインに入ったと事からも下落相場と言えます。

チャネルライン内に戻ってきていることから、再びチャネルラインのサポートとレジスタンスで反発する動きが考えられます。

その中でも1.08など0.1単位で節目となる価格帯で持ち合いが見られます。

ドル円は上昇する展開を、ユーロドルは下落してサポートタッチを目指す動きと逆相関は引き続き見られるのではないでしょうか。

通貨もボラティリティが落ち着いてきましたね。

コロナショックはマーケット的には少し落ち着きを取り戻したように伺えます。

ユーロポンド

0.87で強く意識されています。

下落のトレンドラインを超えるも上昇していないのは、持ち合い相場でサポートタッチしていないからと考えています。

0.87の強い意識を見ると、サポートラインを0.86付近にある平行ラインだとしていましたが、0.87に変わる可能性があります。

今の価格帯から上がらないのなら、0.86のサポートタッチ後の動きに注目です。

サポートを割れてきても安値更新とはならないので、どこで下げ止まるのか見ていくことになりますね。

想定は、サポートタッチ後の上昇する動きとしています。

まとめ

各通貨持ち合いでの動きに変わりありません。

しかしドル円が少しわからない持ち合いをしていますので、今週どう動いてくるのか学ばせてもらいます。

ボラティリティが低くなっているので、コロナショックのパニックから落ち着いたと言えます。

今後はトレンドが形成されるのかも楽しみですね。

日経・ダウ・ゴールド・原油のチャート分析も併せてご覧頂くと、先週のマーケットが分かります。

この記事が参考になったり面白いまた見て見よっかなとかイイね♪と思って頂けましたらクリックして頂けるとぼくの励みになりますし、沢山の方々に広まりみんなで良い人生を過ごしていけたらと思ってますので↓クリック↓お願いします。

にほんブログ村 株ブログ 株式投資情報へ

株&CFD仮想通貨

Twitterもやってます!是非こちらのフォローもよろしくお願いします→→→TK7Twitter

本記事はここまでになります、ご覧頂きありがとうございました。