マネーリテラシー

コロナで収入がなく貯金が尽きそうな人へ。保険会社の「契約者貸付」を知ろう!

みなさんこんにちは、そしてこんばんは。

TK7です。

コロナウイルスにより収入がなくなり貯金を切り崩して生活されている方も居ると思います。

先週支払い猶予が出来る事柄をピックアップしました。

コロナで収入減になったらすべき15個の支払い猶予!保険料・税金編

コロナで収入減になったらすべき9個の支払い猶予!ライフライン・携帯・住宅編

しかしこれらをしても間に合わない人が居る事をテレビで知りました。

貯金が尽きそうな人やもう明日にも無くなると言った方々も中にはいらっしゃると思います。

その際お金を借りないと食べていけません。

家族や友人などから借りられればいいのですが、そうもいかない事だってあります。

そんな方々に向けての記事です。

生命保険の「契約者貸付」と言うのもをご存知でしょうか?

金利などの面で、カードローンやキャッシングと比べて有利な傾向があります。

金利の高いカードローンやその他の機関からお金を借りる前に一度本記事を最後までご覧下さい。

株&CFD仮想通貨

Twitterでブログ更新やその時の感情や思ったことをtweetしていますので是非フォローしてみてください→→→TK7Twitter

そしてTK7ブログの最新記事を見逃さない為にもブックマークの登録よろしくお願いします。

ランキングしてます、良かったらクリックしてねにほんブログ村 株ブログ 株式投資情報へ

はじめに

2020.6.18時点

本記事は保険加入やローンを勧誘するものではございません。

こーゆーものがありますよと紹介共有する為にまとめました。

自己責任でよろしくお願いします。

信用性を持たせる為に、保険会社やNEWSサイトの引用を用います。

コロナショックで金利減免!金利0%で借りられる保険会社の「契約者貸付」【4月9日追記】

生命保険でお金を借りられる「契約者貸付制度」。4つのメリットと注意点を解説

生命保険の貸付制度 新型コロナで利用急増

「契約者貸付」とは?

契約者貸付とは、加入している生命保険商品の解約返戻金の一定割合まで貸付を受けることができる制度です。利用できるのは契約者本人ですが、手続きをすれば即座に借りられるため、目の前の資金不足には大きな助けになります。契約者貸付を利用しても保障は継続します。

借りられる上限は、保険会社や商品によって解約返戻金の50~90%程度と異なります。契約者貸付を利用する際に事務手数料などの費用はかかりません。

契約者貸付を利用できるのは主として次のような保険です。

・終身保険

・養老保険

・学資保険

・個人年金保険

かけ捨て型の医療保険やガン保険などにはありません。「契約者貸付制度」を利用する際には、約款やコールセンターで、加入している保険が利用可能かどうかを確認しましょう。

外貨建て保険や変額型の保険(変額保険・変額年金)でも解約返戻金があるタイプであれば、通常は契約者貸付を利用できます。また、期間が長い逓増定期や長期平準定期なども契約者貸付が利用できる場合もあります。

「契約者貸付制度」は、解約返戻金の一定の範囲内で保険会社からお金を借りることができます。上限額は、保険会社や契約している保険によって異なりますが、解約返戻金の7~9割程度とされています。上限額の範囲内であれば、何度でも借り入れが可能で、利用目的も問われず、保証人も不要です。

生命保険の貸付制度 新型コロナで利用急増

日本生命と第一生命では3月から今月上旬までの間、利用する企業の数が、前の年と比べておよそ3.5倍に増えました。

また、明治安田生命でもおよそ3倍に増え、感染拡大の影響で厳しい資金繰りに直面する中小企業の利用が目立つということです。

契約者貸付制度の金利

「契約者貸付制度」で適用される金利は、保険会社や保険商品ごとに定められています。2019年6月時点で、低い保険会社(商品)では年利2%程度、高い保険会社(商品)で年利8%程度となっています。また、後ほど説明しますが、同様の性質の商品でも契約した時期によって適用金利が変わってきます。

ちなみにですが、銀行のカードローンとどれだけ金利差があるのか見てみます。

僕の保有する銀行株より。

三菱UFJ よりスクリーンショット
みずほ銀行よりスクリーンショット

これに比べて、契約者貸付制度の金利はと言うと

日本生命よりスクリーンショット

契約内容により金利が変わったりすると思うので一概には言えません。

契約した時期によって適用金利が変わってきます。

しかし、圧倒的に500万円とかの大きな額を借りない限りは契約者貸付制度の金利の方が低い事がわかります。

最短で当日~2営業日後に入金されるケースも

申込方法は保険会社の窓口、コールセンター、Webサイト、スマートフォンアプリなど、保険会社ごとにいくつかの方法が用意されています。郵送による手続きの場合は申込書が到着後、必要事項を記入し返送します。

借り入れまでの日数は、インターネット申込などの場合、当日~2営業日後、郵送の場合は1週間程度で指定の口座に振り込まれます。また保険会社によっては専用のカードが用意され、現金を銀行ATMなどで引き出すこともできます。

返済は一括や分割、あるいは不定期に返済することもできる

「契約者貸付制度」はほかのローンのように、一定額を毎月返済する、というようには決められていません。保険の契約期間が終了するときまでに返済を完了していればよいため、「元金と利息を希望日に一括で返済」「定期的に元金と利息を返済する」「当面の間は、利息分のみ返済していく」「一部返済を不定期に分けて行う」といった返済方法を選ぶことができます。返済手段も、インターネット決済やATM、指定口座への振り込み、保険会社の窓口で支払いなどがあります。

日本生命よりスクリーンショット

「契約者貸付制度」4つのメリット

メリット1:保険を解約することなく、お金を借りられる

メリット2:カードローンなどより金利は低い傾向だが、複利計算の点は要注意

一般的に、現時点ではカードローンの金利が3~18%前後、クレジットカードのキャッシングの金利が15~18%前後となっているのに比べると、「契約者貸付制度」の金利は低い傾向にあります。ある大手生命保険会社の場合、3~5.75%(契約した時期により異なる)となっています。

ただし、カードローンやキャッシングは単利で計算しますが、「契約者貸付制度」は複利で計算することが一般的です。仮に3%の金利で100万円を借りた場合、まったく返済せずに1年間が経過すると、金利分が元金に組み込まれ、次年度は103万円に対して3%の金利が発生します。返済がまったくされないと、返済額が大きくふくらんでいく点は十分に注意しておくべきでしょう。

メリット3:ほかの借り入れ状況などの「審査」なし。信用情報に記録も残らない

メリット4:返済方法の手段が幅広く、家計の状況に合わせて選べる

すでに説明しましたが、一定額を毎月決められた日に返済する必要がない「契約者貸付制度」は、返済方法の手段が幅広い借り入れの仕方と言えるでしょう。元金と利息を一括で、定期的に分割で、あるいは、お金に余裕ができたときにその都度不定期で、といったように、家計の状況にあわせて返済することができます。督促を受けることもありません。なお、手続きに関して通知の書類が届く会社もありますが、郵送物ではなく、メールで完了する会社もあります。

「契約者貸付制度」4つの注意点

注意点1:契約当初は解約返戻金が少なく、少額の借り入れしかできない

「契約者貸付制度」は解約返戻金のある保険に加入していないと、利用できません。また、対象の保険に加入していたとしても、契約当初は払い済みの保険料も少なく、解約返戻金も少額であるため、そもそも「契約者貸付制度」を利用できなかったり、少額の借り入れしかできなかったりする可能性があることを覚えておきましょう。

注意点2:元利金が解約返戻金を超えると、保険が失効する

上記で「契約者貸付制度」のメリットとして、「返済方法の手段が幅広い」点をあげました。しかしこれが裏目に出て、督促もないこともあり、ついつい返済が後回しになるケースも考えられます。しかも借入期間中は、金利が「複利」でかかってきます。

注意点3:お祝い金や満期返戻金などの支払時に、元利金が差し引かれる

注意点4:バブル期契約の「お宝保険」ほど貸付時の金利が高い

返済が遅れた場合


・契約者貸付:督促なし。元金と利息が解約返戻金を超えた後も返済がされないと、保険が失効の可能性
・カードローン:督促あり。遅延損害金が発生
・キャッシング:督促あり。遅延損害金が発生

「契約者貸付」で借りたお金の返済が滞り、保険料を払い続けてきた生命保険を失効させては元も子もありません。
「万が一に備えて、このまま保険には入っておきたい(保険を解約したくない)」
「しかし、今は一時的にお金が必要」
「自分が加入している保険では、カードローンなどよりも有利な条件で借りられる」
といった場合に利用し、あくまで一時的な借り入れと認識したうえで、早期返済を目指していくのがよいでしょう。

最後に

新型コロナウイルスによる家計への影響に配慮して、新規に契約者貸付を利用した場合、この契約者貸付の利率を一定期間0%に免除する金利支援を行う保険会社が相次ぎました。

受付が終了している保険期間もあれば、ソニー生命住友生命の様に一定期間0%の金利で契約者貸付制度をやってる保険会社もあります。

契約している保険会社のHPなどでお確かめ下さい。