チャートから見る世界

イギリス総選挙をポンド円から読み解いてみる(答え合わせ編)

みなさんこんにちは、そしてこんばんは。

TK7です。

本日は先日記事 イギリス総選挙をポンド円から読み解いてみる の答え合わせをしていきたいと思いますので是非ご覧ください。

Twitterでブログ更新やその時の感情や思ったことをtweetしていますので是非フォローしてみてください→→→TK7Twitter

そしてこのブログ最新記事を見逃さない為にもブックマークの登録よろしくお願いします。

イギリス総選挙の結果

イギリス総選挙の出口調査の結果を受け、ポンド円は急騰しました。

その後時間経過と共に与党・保守党が単独過半数議席を獲得する見通しが示され、ブレグジットをめぐる不透明感解消への期待が高まりました。

ジョンソン首相はブレグジットを最大の公約に掲げており過半数獲得を目指していた。

過半数獲得により2020年1月31日の離脱期限までに、議会で欧州連合(EU)との離脱協定案を可決するものと思われます。

1番恐る事態の合意なし離脱は交渉のテーブルから外れたことになります。

スポンサーリンク



ポンド円チャート

そして選挙結果が出てジョンソン首相が勝利宣言をしてチャートがどうなったのか。

出口調査の結果を受けてかなりげてきました。

早くも選挙結果が出る前から上昇して勝利宣言が行われてからもあまり上がらずで素材出尽くしの模様です。

これを見るとイギリスの出口調査は信頼性があるのでしょうね。

レンジだったポンド円もこれで上昇トレンドの第五波形成になっていきました。

ポンド円は年末にかけて上げていきそうです。

レジスタンスを抜けてきたのでかなり強い上昇トレンドになったと思います。

一気にあげたので利益確定売りやレジスタンスで跳ね返されることはあっても、売り目線で仕掛けるよりは上昇トレンドなので買いエントリーの方が順張り的で良さそうです。

トレンドラインのレジスタンスを上抜けたのでここからがポンド円上昇トレンドになる可能性もあり、そうなるとかなり上昇が見込めます。

外部要因で大きく金融市場が不安定にならない限りはブレグジットへ向けてポンド円は値を上げていきそうです。

スポンサーリンク



前日記事の答え合わせ

ポンド円は下落→不正解 上昇していきました。

ポンド円に限らず株価指数も大きく上昇しましたので、現状合意ありのブレグジットについてマーケットはポジティブに捉えてるみたいです。

ジョンソン首相の勝利→正解 勝利宣言も行われています。

僅差での勝利→不正解 ジョンソン首相率いる保守党が過半数超えの勝利

ポンド円が期待から買われていたので、想定通りの結果になったのではないでしょうか。

ぼくはレジスタンスがあるので売られると思いましたが、それは間違い。

ブレイクする為の口実だったみたいです。

今回はぼくの考えが外れましたが、今後もチャートから世界の動きがどうなるか見て皆様と共有して有益な記事にしていきたいと思いますので是非今後ともよろしくお願いします。

みなさんがイイね👍と思ってクリックして頂けるとぼくの励みになりますし、沢山の方々に広まりみんなで幸せになりたいと思ってますので宜しければクリックお願いします。

にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ
にほんブログ村

本記事はここまでになります、ご覧頂きありがとうございます。