Opportunity for investment
投資する機会を提供します
日本株

これを読めば5月の三菱UFJが丸分かり![投資ニュースと株価]

みなさんこんにちは、そしてこんばんは。

TK7「@TK7Investment」です。

平日は忙しく休日はリラックスする事に時間を使うので、長期投資株についてあまり動向をチェックする事ってなかったりしますよね。

そんな方に向けて、僕も長期投資してる株「三菱UFJ」について、5月の投資ニュースと株価を振り返っていく記事を書きしました。

この記事をご覧いただく事により、先月報道された株価に影響した又は株主なら知っておくべきニュースと株価のチャート分析の2つを知る事ができます。

株価については今後どのように動きそうなのか又は何処がサポートやレジスタンスになりそうなのか分析するので、買い増しや他銘柄に乗り換える際の利益確定などに優位でマーケットの意識が高い価格帯が明確化できます。

是非最後までお付き合い下さい。

いつもランキングへの応援ありがとうございますにほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村

【DMM CFD】入金
有名投資家もCFDで投資していることでお馴染み!日経平均株価・NYダウ・S&P500・ナスダックに加えて金・銀・原油に直接投資!夜間取引が可能な為、日中働いる人も収益機会を逃す事なく投資が可能になります

これを読めば5月の三菱UFJが丸分かり!ニュース編

まずはどの様なニュースがあったのか、1か月の動きがわかるニュースを振り返っていきましょう。

三菱UFJFG、今期純利益予想は8500億円 与信費用の減小見込む

Reuters は2021年 5月 18日、三菱UFJフィナンシャルグループ(FG)は17日、2022年3月期の連結純利益について、前期比10.3%増の8500億円を見込んでいると発表した。与信関係費用は3500億円を計画している(前期は5155億円)。

会見した亀澤宏規社長は今期について、世界的な新型コロナウイルス感染拡大の影響により厳しい運営になるとの認識を示したものの、与信関係費用は先進国のマクロ経済の改善による減少を見込んでいると述べた。

連結業務純益は1兆1000億円、年間配当は前期から2円増配となる1株当たり27円を見込む。

NTTドコモと三菱UFJ銀、デジタル金融サービスで業務提携

Reuters は2021年 5月 11日、NTTドコモと三菱UFJ銀行は11日、デジタル金融サービスでの業務提携契約を締結したと発表した。

2022年中に、ドコモのポイントサービス「dポイント」がたまるデジタル口座サービスの提供などを開始する。21年度中をめどに合弁会社の設立も予定している。

この他には金利の動向に敏感に反応しているとのニュースがありました。

まあ、いつものことですね。

決算発表が無事に通過し、配当金増加という長期投資家の僕からしたらとても嬉しい結果となりました。

株価も好感材料としてリアクションしていてポジティブな動きだと思います。

では次から三菱UFJの動きに関係している米国債と三菱UFJのチャートを振り返って行きましょう。

プログリット(PROGRIT)

株価チャート分析

米国債10年

あまりボラティリティがなく、落ち着いた債券市場だったことがわかります。

1.5のラインで買われ、1.75付近で売られるレンジ相場になっているようです。

言い方を変えれば債券市場が落ち着きを取り戻したとも言えるかもしれません。

三菱UFJ

米国債はあまり価格変化がありませんでしたが、三菱UFJはしっかり上昇。

債券市場が月中旬に下落して上昇した場面と同じ時期に上昇していることから、債券市場と三菱UFJの相関性は高いと言えます。

高値を追う動きにはなりませんでしたか、しっかりとした値動きを見せています。

しかし、MACDは下向きとなり下落シグナルを出しています。

短期移動平均線と600円を割れた場合は、MACDのトレンドにしたがって下落する可能性があるので注意が必要になってくるでしょう。

下落すると、565円と移動平均線がサポート意識されて下げ止まるかに注目。

逆に高値更新すると上昇目線で引き続き上昇期待が持てます。

株式市場に影響されずにお金を運用するFunds

貸付投資のFunds(ファンズ)

ソーシャルレンディングは資金の貸し手と投資家を結びつけ、貸し手は投資家に利子として金利を支払うことにより投資家が儲ける投資です。

【上場企業投資】Funds(ファンズ) は主に国内の上場企業又は非上場企業と個人を結ぶ貸付ファンドをソーシャルレンディングとして運営しています。

ファンドの予定利回りは約1.0%〜3.0%(年率・税引前)が多く、他のソーシャルレンディングよりリスクを取らずに資産を形成することが期待できます。

出資企業は三井住友信託銀行株式会社、伊藤忠商事株式会社、みずほキャピタル株式会社、AG キャピタル株式会社、三菱UFJキャピタル株式会社、auカブコム証券株式会社、株式会社電通グループなど大企業ばかりなのは安心できる材料!

今後の三菱UFJはどうなる⁉︎

下落懸念があると思います。

最近のMACDのトレンドは株価とあっている事を考えると、無視できない動き。

下落シグナルを出しているので、移動平均線と600円を割れたら本格的に下落目線で考えて相場観察していきます。

プランBとしてはMACDがギリデッドクロスせずに上昇。

高値更新をすればトレンドは上昇になりますし、更新しなければ持ち合いとなります。

長期投資って下落相場では利益にならないし、配当金も日本株なら年2回しか入ってこないのでなかなか資産が増えてる感じがないですよね。

ソーシャルレンディングなら毎月配当金が入ってきて株式市場の影響を受けません。

ソーシャルレンディングの中で高い表面利回りのクラウドクレジット

ソーシャルレンディングは複数社で運用することによってリスク分散が出来ます。

【クラウドクレジット】では、海外に貸付投資を行うことができ、国内に貸付するFunds(ファンズ)と併せて投資する事で分散投資をすることが可能な。

1万円から比較的高い利回りで投資する事が出来、少額投資でコツコツ資産形成することが可能になります。

出資企業は伊藤忠商事株式会社、フェムトグロースキャピタル有限責任事業組合、マネックスベンチャーズ株式会社、第一生命保険株式会社、三菱UFJキャピタル株式会社、ソニーフィナンシャルベンチャーズ株式会社、SBIインベストメント株式会社、株式会社丸井グループ、三井住友海上キャピタル株式会社、GMO VenturePartners株式会社など大企業ばかりの安心材料!

1社だけでなく複数証券口座開設する必要性についてお話させて頂いてるので是非!

証券口座は複数開設しよう!その理由とオススメCFD&株取引口座 みなさんこんにちは、そしてこんばんは。 TK7です。 本記事は僕が使用している又はオススメの証券会社になります。 今...

いつもランキングへの応援ありがとうございますにほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村

投資は自己責任でお願いします。

本記事はここまでになります、ご覧頂きありがとうございました。

ABOUT ME
TK7
投資本を100冊以上読み込み株式投資を勉強するも5回退場。 そんな僕でも少しずつ資産形成が出来るようになりました。 短期トレードや長期投資などの資産形成に役立つ情報を提供していきます。

転職するとこんなに給料貰える驚きの結果‼︎

資産形成のための資金を作る1番早くて確実な手段は給料が今より高い企業へ転職する事。

転職する事でスキルの向上が見込め、将来的に独立して起業するためのチャンスが生まれます。

そこであなたの転職やスキルアップに役立つ5社を厳選しました、画像をクリックして一度ご覧になってみてください。